スポンサーリンク

「生チョコ」と「普通のチョコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生チョコ」と「普通のチョコ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘いチョコレートが好きな方は少なくないと思います。

この記事では、「生チョコ」「普通のチョコ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生チョコ」とは?

「生チョコ」とは、チョコレート生地に生クリームを加え、冷やし固めた食べもののことです。

洋酒を加えることもあります。

水分量が多く、柔らかく滑らかな食感と、とろけるような口どけが特徴です。

日本で「生チョコ」と呼ばれている食べものは、日本で誕生しました。

考え出したのは、神奈川県平塚市の洋菓子店「シルスマリア」とされています。

「生チョコ」に似た食べものに「トリュフ」があります。

トリュフは、チョコレート生地に生クリームを加えたものを丸め、その周りをチョコレート生地でコーティングした食べものです。

外側はパリッとしていて、中は柔らかなことが特徴です。

トリュフの外側をなくし、中身だけで作ったら中身のチョコレートの柔らかさなどを十分に楽しめるだろうと考えて作られたものが「生チョコ」といわれています。

「普通のチョコ」とは?

チョコレートにはさまざまな種類があり、「普通のチョコ」と考えるものは人によって異なるので、ここでは「普通のチョコ」を板チョコとして説明します。

板チョコは、カカオマス、ココアバター、砂糖などによって作られます。

これに乳成分を加えることもあります。

カカオマスとは、カカオの実を焙煎してから、すりつぶしてペースト状にしたものです。

カカオマスを脱しして得られる油脂分がココアバターです。

カカオマス、ココアバター、砂糖などを混ぜ合わせた生地を滑らかにし、温度調整をして、板状の型に流し入れて、空気を抜いて冷やし固めたものが板チョコです。

「生チョコ」と「普通のチョコ」の違い

「生チョコ」「普通のチョコ」の大きな違いは水分量です。

「生チョコ」には生クリームや洋酒が加えられており、「普通のチョコ」よりも水分量が多くなっています。

そのため、柔らかな食感です。

まとめ

「生チョコ」「普通のチョコ」は、食感が全く異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典