スポンサーリンク

「生前整理」と「断捨離」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生前整理」と「断捨離」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生前整理」「断捨離」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生前整理」とは?

「生前整理」とは、自分が元気なうちに、不動産や現金などの財産をあらかじめ片付けておくことを言います。

体力的にも時間的にも余裕があるうちに、自分が元気な時に、亡くなってしまった後の事についてしっかりと考えて行います。

最近では高齢者だけではなく、20代30代の働き盛りの若い世代でも行っている方もいます。

事故や災害で突然命を落としてしまう可能性もゼロではありませんので、生前整理することは残された家族や大切な人が故人を安心して送れるようにする大切な方法です。

「断捨離」とは?

「断捨離」とは、不要なものを減らして物への執着心を無くすような事を言います。

「断捨離」のそれぞれの文字には意味があり「入ってくる不要な物を絶ち」「家にずっとある物を捨て」「物への執着から離れる」という意味があります。

ヨーガの行法が元になっている言葉で、単なる「片付け」とは違うものだとされています。

2009年ごろから使われ始め、2010年には新語・流行語大賞にノミネートされました。

「生前整理」と「断捨離」の違い

「生前整理」「断捨離」の違いですが「生前整理」とは、自分が亡くなった後の事を考えて、自分が元気でいるうちに主に財産を整理する事を言います。

一方「断捨離」とは、不要なものを少しでも減らして物への執着を無くし、身軽で快適な生活を手に入れようする事です。

まとめ

「生前整理」とは、自分が元気なうちに亡くなった後について考え、財産を整理しておくことです。

「断捨離」とは、不要な物を絶って、家にずっとある物を捨てて、「もったいない」という固定観念を捨て、身軽な生活を手に入れようとする思想の事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典