スポンサーリンク

「生前整理」と「遺品整理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生前整理」と「遺品整理」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生前整理」「遺品整理」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生前整理」とは?

自身の寿命が尽きる前に身の回りを整えることを「生前整理」と言います。

主に自主的に行う整理のことです。

日用品や貴重品など身の回りにある品物の整理や財産分与について書き記したり、贈与税が発生しないように予め分与したりします。

「遺品整理」とは?

故人が所有していたものを、処分することを「遺品整理」と言います。

持ち主が亡くなった後、遺族が行う整理のことです。

品物の処分や形見分けを行い、住んでいた家屋の整理などが含まれることもあります。

「生前整理」と「遺品整理」の違い

例えば、男性Aさんがいます。

このAさんが亡くなる前に行うのが「生前整理」です。

またAさんが亡くなった後に残された家族がAさんの持ち物や財産を片付けることが「遺品整理」なのです。

亡くなる前と後に行われるという違い。

加えて、整理を行うのがAさん自身か家族なのかという違いもあります。

まとめ

近年は、終活といって死を恐れず、穏やかに迎え入れるための準備が浸透してきました。

そのため、「生前整理」が当たり前のように行われ、以前よりも「遺品整理」を行う遺族の負担が軽減する傾向にあります。

「生前整理」は人生の落とし前です。

相応に正しく行われていれば、「遺品整理」で揉めることもありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典