「田起こし」と「代掻き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「田起こし」と「代掻き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「田起こし」「代掻き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「田起こし」とは?

「田起こし」の意味と概要について紹介します。

「田起こし」の意味

「田起こし」「たおこし」と読みます。

意味は「稲作農家で、4月から5月にかけて田んぼの土を乾燥させて、肥料を混ぜる作業のこと」です。

「田起こし」の概要

「田起こし」は、田んぼをより良い状態に保つ為に、土を乾燥させて肥料を混ぜる作業をすることを言います。

土を乾かすことで、土中の微生物による有機態窒素が分解され、無機態窒素に変化します。

植物が窒素を吸収すると、根の成長が促されてよく育つのです。

また、肥料を混ぜ込むことで、土中に肥料をムラなく含められます。

更に、機械を使って鋤き込むことで、刈り草や雑草などを混ぜ込めば、微生物やミミズなどが分解して有機肥料になるのです。

「代掻き」とは?

「代掻き」の意味と概要について紹介します。

「代掻き」の意味

「代掻き」「しろかき」と読みます。

意味は、「稲を田んぼへ移す準備として、土をかき混ぜて表面を整える作業のこと」です。

「代掻き」の概要

「代掻き」は、田起こしが終った田んぼに水を入れて、土をよくかき混ぜ、表面を平らにする作業のことを言います。

「代掻き」をすることで、土の表面が均一化されて、苗がピッタリと土に定着して、それだけ栄養分が吸収できるのでムラなく生育します。

また、雑草の種なども土の奥に埋め込まれる為に、雑草が表面に生えてくるのを防げるのです。

現代では、「代掻き」「田起こし」同様、トラクターで行う農家が増えています。

「田起こし」と「代掻き」の違い!

「田起こし」「田んぼの土を乾燥させて、肥料を混ぜる作業のこと」です。

「代掻き」「土をかき混ぜて表面を整える作業のこと」です。

まとめ

今回は「田起こし」「代掻き」の違いをお伝えしました。

「田起こしは土を乾燥させる」「代掻きは土をかき混ぜる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典