「異業種」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「異業種」とは?

仕事をしている人なら、「異業種」という言葉を聞いた事があると思います。

また今まさに、「異業種」に興味を持ち、転職などを考えている人もいるかもしれません。

就職系の雑誌や、転職系のサイトには「異業種」という文字が踊ります。

一方で「異業種」「いぎょうしゅ」と読みますが、その言葉の意味が良く分からないという人もいるでしょう。

そこで「異業種」という言葉の意味や使い方を紹介します。

「異業種」の意味

「異業種」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「異業種」「業種」には、「事業の種類」という意味があります。

その会社がどのような商品やサービスを扱うかによって、「事業」の内容は変わります。

例えば、自動車や鉄などを扱う、「製造業」や、アパレルショップやデパートなどを経営する「小売業」などがあります。

「異業種」とは、「製造業」の人から見た、「小売業」、逆に「小売業」の人から見た「製造業」などの事業を指します。

このように、「異業種」には、「自分が営んでいるのとは、異なる事業」という意味があります。

「異業種」の言葉の使い方

「異業種」という言葉を、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

まず、自分たちの業種以外の会社で働いている人と会う時に、「異業種」という言葉を使います。

「これから異業種の人と面会する」などという文章を作る事ができます。

いちばん多いのが、転職時かもしれません。

今いる業界の業種以外の仕事をしたい時に、転職コンサルタントなどに「異業種で働きたい」という希望を伝えます。

他にも、視野を広げるため、人脈を広げるために、同じ業界ではない世界にいる人と触れ合いたいと思う人は、「異業種」の人との交流を呼びかける事もあるでしょう。

このように、他の事業を営んでいる人と接触する時に、「異業種」という言葉を使ってみましょう。

「異業種」を使った例文

「異業種」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「異業種」を使った文章を見て行きましょう。

「異業種」の例文1

「Aさんは、『異業種』から転職を果し、私の会社にやってきた。 慣れない仕事で大変だと思うが、楽しそうに仕事をしている」

この例文に登場するAさんのように、「異業種」からの転職は大変な面もありますが、全く新しい環境に触れられるため、気持ちがフレッシュになります。

以前の環境に飽きていた人にとって、良い転職になるかもしれません。

「異業種」の例文2

「見識を広げたくて、『異業種』の人と、積極的に話がしたいと思った。 そこで学生時代の友達に紹介してもらい、様々な人と会うようにしている」

同じ業界の人たちとばかりと話していると、頭が固くなってしまう事があります。

視野を広げるためにも、時には「異業種」の人と触れ合う機会を作った方がいいのかもしれません。

「異業種」を使った言葉

最後に「異業種」を使った言葉を紹介します。

「異業種」という言葉を使った定型句のような言葉ですので、覚えていると便利でしょう。

「異業種転職」

転職をする時に、今の会社の業種とはまるで違う業種にチャレンジしたいと思う人もいます。

このような時の転職は、一般的な転職と区別する意味で、「異業種転職」と呼ばれます。

「異業種転職」は全く経験のない職務内容をこなす必要がるため、現在の仕事の実績が考慮されず、キャリアアップにつながりにくい傾向があります。

しかし、全く新しい仕事にチャレンジできるため、モチベーションを高く保てるかもしれません。

「異業種交流会」

視野を広げたり、人脈を広げるために、「異業種交流会」を開く人がいます。

真面目な目的の会もありますが、「合コン」の別名として「異業種交流会」という言葉が使われるケースもあります。

タワーマンションの一室などで開かれる場合、後者の可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典