スポンサーリンク

「異色を放つ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「異色を放つ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「異色を放つ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「異色を放つ」とは?意味

他と違って際立っていることです。

異色には、他とは違って目立つ点を持っているという意味があります。

放つとは、外に向かって出すことです。

つまり、「異色を放つ」とは、他とは違って目立つ点を外に向かって出すという意味になります。

他とは違う点を外に向かって出すと、他よりも際立って見えます。

「異色を放つ」の概要

「異彩を放つ」という言葉があり、その言葉の「異彩」「異色」に置き換えた言葉が「異色を放つ」です。

「異彩を放つ」には、普通とは違った色合いや光を放つ、多くの中でひときわ目立つという意味があります。

「異彩」は、独特な優れた雰囲気があることをいいます。

よい意味で使う言葉です。

つまり「異彩を放つ」は、独特な優れた雰囲気を出していることを意味しているのです。

展覧会に出席したことで考えてみます。

展覧会には多くの人がやってきます。

普通の人だったら、多くの人の中に埋もれて、目立たなくなってしまうことでしょう。

しかし、まれにその中に他とは違って目立つ人がいます。

奇抜な格好をして目立つというものではなく、内側から発するものが違って目立つのです。

このような人を指して「異彩を放つ」といいます。

展覧会という場所で多くの人の中にいるにもかかわらず、ひときわ目立つ存在です。

「異彩」「異色」は似たような意味を持っています。

「異彩」は多くの中で際立って見えることです。

目を引くという意味になります。

「異色」は特色があることです。

目を引くといった見た目のことではありません。

たとえば、「異色の大学」といった場合だと、他とは違った教育方針を持っている、といった意味になります。

他とは違っていることをいいます。

普通は「異色の~」という形で使用をします。

「異色の存在」のような使い方です。

そのため「異色を放つ」といういい方は一般的にはしません。

「異彩」とするところを「異色」と間違えて使ってしまうことがあるようです。

「異色を放つ」の言葉の使い方や使われ方

正しくは「異彩を放つ」です。

しかし、「異彩」「異色」に置き換えて「異彩を放つ」と同じような意味で使用されることがあります。

どちらの言葉も似たような意味を持っています。

「異色を放つ」とした場合は、他と違う点が際立っているといった意味になります。

特色があることを指しています。

よい意味でも悪い意味でも使われますが、よい意味で使われることの方が多いです。

「異色の大学」「地域の異色を出す」などは、よい意味で使っています。

「異色を放つ」の類語や言いかえ

「異彩を放つ」が同じような意味を持っている言葉です。

よい意味で使われています。

たとえば、「異彩を放つ新人」とすると、優れた才能を持っていて目立つといった意味になります。

まとめ

異色とは特色があることです。

他とは違っていて目立つことを「異色を放つ」と言うことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典