「疎ましい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「疎ましい」とは?意味

「疎ましい」には「好感が持てず、遠ざけたい」「異様で恐ろしい」という意味があります。

「疎ましい」の読み方

「疎ましい」の読み方は、「うとましい」になります。

「疎ましい」の表現の使い方

「疎ましい」の表現の使い方を紹介します。

「疎ましい」には「好感が持てず、遠ざけたい」「異様で恐ろしい」という意味があります。

そのため、そのように思える人や、物事に対して、「疎ましい」を使って行きましょう。

例えば、同僚の一人に、どうしても生理的に相性が悪いと感じる人がいるかもしれません。

このような人は、好感が持てずに遠ざけたい存在になるため、「彼は疎ましい」などと「疎ましい」を使った文章を作れます。

このように「好感が持てずに遠ざけたい」そのような人に対して「疎ましい」という言葉を使ってみましょう。

「疎ましい」を使った例文や短文など

「疎ましい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「疎ましい」を使った例文1

「片想いをしてくれている男性をずっと『疎ましい』と思っていたが、今は違う」

この例文は、ある女性に片想いをしてくれる男性がいて、以前は好感が持てずに遠ざけたいと感じていたが、最近になってそのような気持ちがなくなったという意味があります。

このように、「疎ましい」には、「好感が持てずに遠ざけたい」という意味があります。

「疎ましい」と思う気持ちが一生続くわけではないでしょう。

「疎ましい」を使った例文2

「『疎ましい』と感じていたジャンルの音楽が、今はいちばん好きだ」

この例文は、以前は好感が持てずに遠ざけたいと感じていたジャンルの音楽が、年齢や経験を重ねた結果、今はいちばん好きだという文章になります。

このように、音楽の好みは少しずつ変わり、「疎ましい」とさえ感じていた音楽が大好きになることもあるでしょう。

「疎ましい」の類語や類義語・言い換え

「疎ましい」の類語や類似を紹介します。

「気味が悪い」【きみがわるい】

「気味が悪い」には「何となく恐ろしい」という意味があります。

「この森は、気味が悪い」という文章には、「この森は、何となく恐ろしい」という意味があります。

「不気味」【ぶきみ】

「不気味」には「何となく不安で恐ろしいこと」という意味があります。

「不気味なセリフ」「不気味な振り付け」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典