スポンサーリンク

「疎遠」と「絶縁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「疎遠」と「絶縁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「疎遠」「絶縁」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「疎遠」とは?

「疎遠」とは、長い間直接会っておらず、また連絡なども取り合わなくなるなどして、関係が薄くなってしまった状態のことを指します。

「疎」は隙間や距離という意味の漢字です。

「疎遠」は、距離が遠くなる、という意味の言葉です。

「絶縁」とは?

「絶縁」とは、人間関係の縁を切ることです。

これまであった付き合いをやめるため、決意を持って意識的に関係を断ち切ることを「絶縁」と言います。

「絶縁」という言葉には、「もう二度と関わり合いになることはない」という強い意識が込められています。

「疎遠」と「絶縁」の違い

「疎遠」「絶縁」の違いを、分かりやすく解説します。

「疎遠」は関係が薄くなり、直接・間接に関わらず交流が途絶えることを指します。

「絶縁」した場合も交流は途絶えますが、「疎遠」がただ関係が薄まった間柄を示す言葉なのに対し、「絶縁」は完全に関係を断つという意味があります。

自然に「疎遠」になることはありえますが、自然に「絶縁」することはありえません。

「絶縁」するには「縁を切る」という決意が必要です。

まとめ

「疎遠」は交流がなくなり、薄くなった関係を表す言葉です。

「絶縁」は、交流をなくすために縁を切ることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典