スポンサーリンク

「発表」と「プレゼンテーション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発表」と「プレゼンテーション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「発表」「プレゼンテーション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発表」とは?

「発表」は、自分の考えや言いたいことを述べてその場で「発表」することにあります。

その上で、「発表」は相手からの質問などには一切答える必要性はなく、あくまで自分の言いたいことや伝えたいことのみを伝えるに過ぎないです。

つまり、「発表」は公開した人物が何人いようとも一方通行で自分の言いたいことや伝えたいことのみ伝えることに当たります。

「プレゼンテーション」とは?

「プレゼンテーション」は、大勢の前で自分の考えや言いたいことを伝えたうえで、「プレゼンテーション」に参加している人物からの質問にも答えます。

「プレゼンテーション」は、双方がやり取り可能な点が特徴で、「プレゼンテーション」を行う者、聞き入るものは双方質問や意見をすることが許されています。

「発表」と「プレゼンテーション」の違い

「発表」「プレゼンテーション」の違いは、自分の言いたいことや伝えたいことだけを伝えるか、その後聞き入るものから質問や疑問に思っていることについて答えてあげるかです。

「発表」はいわば、自分本位で相手のことを考慮する必要がないが故、相手の質問に答える必要はありません。

ですが、「プレゼンテーション」は、双方が納得することが重要なので、相手側の疑問や質問に答えてあげないと相手は納得してもらえないです。

「発表」の例文

・『新しい自動車の発表をする』
この例は、新規に開発した自動車を公開することを意味します。

「発表」は一方通行なのでこの例の場合、公開した情報のみを「発表」したとします。

「プレゼンテーション」の例文

・『自動車のプレゼンテーションを行う』
この例は、自動車のマーケティングの「発表」を行うことで、かつ「発表」と異なり、相手の質問や疑問にも答えます。

「プレゼンテーション」は、双方が納得することなので、このケースでは、「プレゼンテーション」に参加している人をマーケティングを行う人物は納得させる必要性があるのです。

まとめ

「発表」「プレゼンテーション」の違いは、自分本位で自分の言いたいことや伝えたいことを伝えるか、あえて相手の質問や疑問に答えて双方の納得を重視するかです。

「プレゼンテーション」は、双方の納得がとても重要で納得や了承を得られないと成果物は全く意味をなさないです。

逆に、「発表」は、紹介するものがありきでかつ質問に答える必要性や相手の疑問を解決する必要性がないので相手の意志は関係なく自分本位になります。

その為、「プレゼンテーション」の方が相手を納得させたり、了承を得させないとならない分失敗をした場合大きな問題になるのです。

その為、「発表会」というのはあくまで自分本位であることですが、これを「プレゼンテーション」として発表する場合、相手側が納得してないと成立しません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典