スポンサーリンク

「発言」と「発表」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発言」と「発表」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「発言」「発表」は、どちらも「発」という字が使われていますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、「発言」「発表」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「発言」とは?

「発言」とは、言葉を出すこと、口頭で意見を述べることを意味する言葉です。

「発言」は、「はつげん」と読むことがほとんどですが、「はつごん」という読み方もあります。

「発」は、明らかにする、あらわすという意味を持つ漢字です。

「発言する」という場合には、声に出して意見を伝えることを意味するので、文書などで意見を表すことは通常「発言」とはいいません。

「発言」のことを英語で“remark”“statement”といいます。

「発言」の使い方

動詞として使う場合には、「発言する」といいます。

「発言権」は、会議などで「発言」することのできる権利のことです。

「発言権」のない人が、許可なく自分の意見をしゃべることはルール違反になります。

「発言」によって、人を動かしたり従わせたりするなどの影響力のことを「発言力」といいます。

「発言力」のある人は、集団において目立って活躍することが多いです。

「発表」とは?

「発表」とは、世間一般に知らせること、表向きに知らせることを意味する言葉です。

「発表」は通常、人々が知らない物事を初めて知らせる場合に使います。

それに対して「公表」は、非公式には知られている事柄も含めて正式に世間に知らせることをいいます。

「発表」は英語で“announcement”といいます。

「発表」の使い方

動詞として使う場合には、「発表する」という形になります。

「発表報道」は、新聞社・放送局などが、官庁・警察・企業などの発表した内容をそのままに報道することです。

何かしらの発表を行うことを目的とする催し物を「発表会」といいます。

「発表会」は、幼稚園のお遊戯会から、学術研究の発表のための会まで幅広く使われます。

「発言」と「発表」の違い

「発言」は、会議や話し合いの場において口頭で発する場合に使われますが、「発表」の方法や場所については特に限定はありません。

文書などで知らせることも「発表」に含まれます。

また、「発言」の内容は、自分の意見や考えであることがほとんどですが、「発表」の内容は、事実や研究成果、お知らせ、練習の成果など様々です。

「発言」の例文

・『発言するときは手をあげてください。』

・『彼女は発言力がある。』

・『私にも発言権はあるはずだ。』

・『人前で発言するのはとても緊張する。』

「発表」の例文

・『今日は自分の研究について発表する。』

・『来週は娘のピアノの発表会がある。』

・『あの会社がまた新商品を発表するらしい。』

・『今日の夜に重大発表があります。』

まとめ

「発言」は、口頭で意見や考えを述べること、「発表」は、世間一般に知らせることを意味します。

「発表」は、「発言」よりも多くの場面で使うことができる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典