スポンサーリンク

「白だし」と「だし醤油」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「白だし」と「だし醤油」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「白だし」「だし醤油」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「白だし」とは?

「白だし」は、色が薄いしょうゆをベースに出しとなる者を配合した調味料です。

だしについては、鰹節にマグロなどを使用してみりんで割ります。

なお、薄いしょうゆについては、白醤油という赤い色ではないしょうゆを使用して「白だし」とするのです。

「だし醤油」とは?

「だし醤油」は、濃い口の赤醤油を使用した調味料です。

なお、特性については麺つゆに近いのが「だし醤油」で麺つゆがみりんなどで甘みが強い分甘みが強くないものが「だし醤油」と覚えておくとよいでしょう。

なお、「だし醤油」もきちんと出汁となる物を配合しており鰹節にマグロなどを配合したうえで甘みがある者を配合しています。

「白だし」と「だし醤油」の違い

「白だし」「だし醤油」の違いは、白醤油をベースに出汁を配合した調味料であるか、赤醤油をベースにした出汁を配合した調味料であるかという違いです。

「白だし」は白醤油、「だし醤油」は赤醤油になり味わいも異なり味付けを濃くしたい場合に使用するのが「だし醤油」です。

「白だし」の例文

・『気軽に料亭のような味わいを出すことができる白出汁を使う』
この例は、料亭のような味を出すことが可能な白だしを用いて料理をするという例になります。

「白出汁」は薄い味付けを得意とするため、料亭のような味わい深い料理を作ることが可能です。

「だし醤油」の例文

・『肉じゃがはだし醤油を用いれば簡単に作れる』
この例は、肉邪かという料理はだし醤油を使えば簡単であるという例です。

何故なら、肉じゃがはだしを取ったうえで濃い口のしょうゆをベースに砂糖を入れていくため、だし醤油を用いれば砂糖を調整していくことで簡単に肉じゃがを作れます。

なお、麺つゆでも肉じゃがは簡単に作ることが可能で、麺つゆの方が甘みが強いのでお砂糖の調整はより簡単になります。

ただ、味を調整することに関しては甘みが強くないだし醤油の方がおすすめな為だし醤油を使用したほうが肉じゃがづくりにはよいでしょう。

まとめ

「白だし」「だし醤油」の違いは、ベースとなるお醤油が異なります。

「白だし」は、白醤油という薄口のしょうゆであるため、繊細な料理に適した調味料です。

一方、「だし醤油」は煮物などに使用する調味料で、味付けを濃くする必要性がある料理に用いられます。

「だし醤油」は、ベースが濃い口のしょうゆな為、味わいが大味になるため、繊細な料理には適していません。

ですが、「だし醤油」はうどんのダシや煮っ転がしなど日本の家庭料理に使用可能で時短をする際に使用する調味料です。

うどんの出汁や煮っ転がしは、調味料のバランスが重要でしょうゆやみりんに出汁となる煮干しなどのバランスが重要でそれらをプロの方のようにバランスをとるのは難しく、それを簡単にすることができるのが「だし醤油」という調味料になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典