スポンサーリンク

「目当て」と「狙い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目当て」と「狙い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「目当て」「狙い」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方等を理解して、ご自分の知識としてお役立てください。

スポンサーリンク

「目当て」とは?

最初に「目当て」の意味をご説明致します。

「目当て」の意味とは、基本的に心で狙っている事柄やもの、目印となるもの等を意味しております。

また、基準を指す意味もありますし、銃の照星を指す意味合いとしても用いられておりますので、把握して覚えておいてください。

「狙い」とは?

次は「狙い」の意味を解説していきます。

「狙い」の意味とは、銃で自分が目標としている標的に対して、狙い撃つ意味があります。

また、自分が心の中にある目当て等を表す際にも使われますので、理解しておくと様々な場面で活用できるはずです。

「目当て」と「狙い」の違い

ここでは「目当て」「狙い」の違いを解説します。

「目当て」「狙い」の違いは、基本的に上の意味を照らし合わせていただけると、すぐに違いや使い方まで分かることでしょう。

「目当て」というのは、自分の心にある事柄や目印となる目標を意味しております。

「狙い」というのは、銃の標的という意味と、自分の心にある目当て等を意味しているのです。

違いは以上となりますが、使い方まで分かると更に面白くなってきます。

使い方としてはこうなります。

前者の場合は、「要するに彼女の事が目当てな訳だ~」という使い方は非常にイメージしやすいでしょう。

また、後者の方は「きちんと狙うことで制圧できるはずだ~」という使い方が妥当です。

以上が「目当て」「狙い」の違いと使い方についてでした。

「目当て」を使った例文

・『前方の灯りを目当てに進んでいこう』
・『目当ては特売の豚肉だ』
・『目当ての化粧品が今日発売する』
・『目当てが依然として定まらない』
・『基準となる目当てがないことには、性能向上は不可能だ』

「狙い」を使った例文

・『彼の狙いは一体何だ』
・『狙いは敵戦艦の撃沈である』
・『狙いを定めて撃ってみたものの、ションベン弾となってしまった』
・『彼の狙いはお客の感動だったようだ』
・『元夫は再婚を狙っていたそうだが、法的手段によってシャットアウトした』

「まとめ」

まとめとして、「目当て」というのは、基本的に自分の心の中で思っている事柄や、目印となる目標を指しております。

また基準としても用いられるので、把握しておいてください。

「狙い」というのは、銃で標的を狙って撃つことを意味しております。

そして、自分が心の中で目指しているものや、目当ての人やものを表す際にも使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典