スポンサーリンク

「相方」と「愛方」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相方」と「愛方」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相方」「愛方」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相方」とは?

「相方」とは、一緒に物事をともにする人の事を指します。

よく耳にするのは芸人のコンビなどのパートナーを指す場合に使われます。

「相棒」などと呼ばれることもあります。

「相方」の使い方

「相方」は主に漫才コンビのパートナー同士がお互いを呼ぶ際に使います。

しかしその他にも最近では恋人や夫婦、共通の趣味を一緒に行っている人、イベントなどに一緒に行く人、など共に一つの事を行っている相手の事を指す機会が多くなっています。

「愛方」とは?

「愛方」とは、前記した漫才などのパートナーを呼ぶ際に使う「相方」が転じたものです。

主にはさらに親密な関係である「恋人」「彼氏」「彼女」の事を指します。

またカップルなど恋愛関係ではない親友や非常に深い仲の二人組が相手を指す場合に使用される事もあります。

「愛方」の使い方

「愛方」は主に自分にとって非常に親密な「彼氏」「彼女」及び、親友を指す際に使われます。

基本的に「相方」以上の仲の場合に使用される事が多くなります。

「相方」と「愛方」の違い

「相方」「愛方」の違いは、より親密な仲の際に「愛方」と使用されることがありますが、基本的に「相方」でも同じ意味として通用します。

「愛方」と表現する事でその人をより大切にしているという意味を込め「愛方」と表現されます。

「相方」の例文

「相方がいなければ今の芸人としての生活は成り立っていなかった」

「相方はどうしようもない奴だが、俺にとっては親友だ」

「明日のイベントは相方と一緒に行くつもりだ」

「愛方」の例文

「愛方の事は心より愛している」

「私は愛方に出会ったことで人生が変わった」

「私と愛方はお互いに知らない事はない」

まとめ

「相方」「愛方」ともに意味は似ています。

「相方」は同じ目標の元、行動している相手の事で「愛方」はより親密な仲の人に対して使われるという事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典