スポンサーリンク

「眺め」と「眺望」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「眺め」と「眺望」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「眺め」「眺望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「眺め」とは?

「眺め」には2つの意味があります。

ひとつは、その場所から見える目の前に広がるありさまです。

また、その景色をいいます。

目の前に広がるありさまとは、遠くまで見ることを指しています。

今駅のホームにいて、目の前に電車がやってきたなど、すぐ近くの光景を指しているのではありません。

たとえば、今東京スカイツリーの展望台にいるとします。

そこから外に目を向けると、遠い場所まで目に入ります。

天気がよければ富士山も見えます。

東京スカイツリーから富士山までの距離は何キロメートルもあり、遠い場所です。

そんなにも遠くまでが見えるのです。

このように、遠くまでを見ることやその景色を「眺め」といいます。

もう一つの意味は、物思いにふけながら見ることです。

「眺め」の使い方

遠くまでみることや、その景色を指して使用をします。

近くに広がる光景には使用しません。

「眺望」とは?

遠くまで見渡すことです。

また、その景色をいいます。

望遠鏡を使うと遠くまで見ることができますが、これを「眺望」とは一般的にはいいません。

「眺望」とは、遠くまで広く見渡せる雄大な景色をいいます。

山頂に登ると遠くまでみることができます。

そこから見える景色は広々としていて雄大です。

このような景色を眺めることや、その景色のことを指しています。

山頂など高い場所に行かなくても、広々とした雄大な景色を見ることはできます。

たとえば湖です。

琵琶湖のような大きな湖だと、湖の向こう側の遠くまでを見ることができます。

そして、広々としていて雄大さがあります。

「眺望」の使い方

遠くまでを広く眺める雄大な景色を指して使用をします。

雄大でない場合には使用しません。

360℃ぐるっと見えなくても、この言葉は使用可能です。

「眺め」と「眺望」の違い

どちらの言葉にも、遠くまでを見渡すこと、またその景色という意味がありますが、まったく同じ意味なのではありません。

「眺望」の場合は雄大な景色についていいますが、「眺め」は雄大でない場合もいいます。

5階建てのマンションに住んでいたとします。

これまでは遮るものがなく、遠くまで見ることができたのですが、目の前に高層マンションが建ってしまい、遠くを見られなくなりました。

これを「眺めが悪くなる」といいます。

この場合「眺望」は使用しません。

5階建てのマンションから見える景色は雄大とはいいがたいです。

「眺め」の例文

・『最高の眺めだ』
・『素晴らしい眺め』
・『マンション高層階からの眺め』
・『東京タワーからの眺めを楽しむ』

「眺望」の例文

・『眺望がよい』
・『素晴らしい眺望』
・『山からの眺望』
・『眺望に感激した』

まとめ

遠くまで見渡すことやその景色を意味する2つの言葉ですが、「眺望」には雄大という意味が含まれており、「眺め」にはその意味が含まれていない点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典