スポンサーリンク

「瞠目」と「刮目」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「瞠目」と「刮目」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「瞠目」「刮目」の違いをご存知ですか?

この記事では、「瞠目」「刮目」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「瞠目」とは?

「瞠目」「どうもく」と読みます。

「瞠」という漢字は、「瞠る」と書いて「みはる」と読むことができます。

「みはる」「目を見張る」「みつめる」という意味があります。

「目」は文字どおり「め」という意味を持っています。

この2つの漢字から構成される「瞠目」「目を見張ること」という意味があります。

「瞠目」とは「驚いたり感心したりして、目を見張ること」です。

「瞠目」は驚いたり感心したりする場合だけではなく、驚き呆れるといった場面でも使われることがあります。

「世人を瞠目させる」「瞠目すべき業績」といった使い方をします。

また自信作を相手に見せる場合などに、「瞠目せよ」といった使い方をする場合もあります。

「刮目」とは?

「刮目」「かつもく」と読みます。

「刮」の字には、「えぐりとる」「こする」という意味があります。

そして「目」は前述したように「め」という意味を持っています この2つの漢字から構成される「刮目」は、「注意してよく見ること」「目をこすってよく見ること」「強い関心をもって見ること」という意味を持っています。

「刮目して待つ」「刮目に値する業績」という使い方をします。

また「改めてよく見なさい」という意味で、「刮目せよ」といった使い方をすることもあります。

「刮目」の語源は、三国時代の呂蒙のエピソードだといわれています。

その中に「士別れて三日ならば、即ち当(まさ)に刮目して相待つべし」という一文があります。

これは「三日も会わなければ、すっかり変わっているので注意してよく見なさい」という意味です。

「瞠目」と「刮目」の違い

用語の意味はお分かりいただけたでしょうか。

「瞠目」「刮目」はよく似た言葉です。

共通するのは「瞠目」「刮目」も、「感心して見る」時に使う言葉です。

「瞠目」は前述したように「驚いたり感心したりして目を見張ること」です。

つまり「大きく目を見開いて見ることをいいます。

そして「刮目」とは「目をこすってよく見ること」です。

「瞠目」の例文

・『専門家も瞠目するような調査結果となった』
・『彼の活躍は瞠目に値する』
・『あまりの衝撃に瞠目する』
・『世間は彼の仕事に瞠目し、喝采を送った』

「刮目」の例文

・『小説家の新作を刮目して待つ』
・『彼の仕事ぶりに刮目した』
・『刮目するほどのうまさでもない』
・『彼の将来には刮目するものがあるに違いない』

まとめ

以上が「瞠目」「刮目」の違いになります。

「瞠目」は驚いたり感心したりして、目を見張ること。

つまり目を大きく見開くことです。

「刮目」「目をこすってよく見ること」です。

よく似た言葉だと思いがちですが、調べてみるとまったく意味の違う言葉だということがわかります。

「瞠目」「刮目」も日常的に使う言葉ではないものの、ビジネスシーンでは使う機会がある言葉です。

この機会に違いを整理してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典