「知見」と「知識」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「知見」と「知識」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「知見」「知識」の違いを分かりやすく説明していきます。

「知見」とは?

「知見(ちけん)」とは、「実際にある物事(対象)を見てから知ること」を意味している言葉です。

「知見」の言葉には、「物事を実際に見る経験によって獲得した知識」の意味合いがあります。

「知見」という表現は、「ある物事(問題)に対する考え方・価値判断・見識(本質を把握できる優れた判断力)・見解(物事に対する解釈)」といった意味合いも持っています。

例えば、「大勢の文化人・知識人との交流を通じて知見を広めました」「公務員時代につちかった行政実務に関連する知見が役立ちました」などの例文で使用することができます。

「知識」とは?

「知識(ちしき)」とは、「認識・学習などによって得られた知的な成果」「ある物事を認識・理解して知っていること、知っている内容」のことを意味している言葉です。

「知識」という言葉には、「物事に適切に対応するための知恵・思考する働き」の意味もあります。

「知識」「確実な根拠に基づく認識」の哲学的な意味、「善の確実な認識に基づき、仏法を説く指導者」という仏教用語の意味も持っています。

「知見」と「知識」の違い!

「知見」「知識」の違いを、分かりやすく解説します。

「知見」「知識」「ある物事を知っていること」という基本の意味では似ていますが、「知見」「見るという実際の経験に基づいて得た認識・知識」だけに限定されているという違いがあります。

「知見」に対して「知識」のほうは、「認識・学習・理解によって手に入れた知的な成果」を意味していて、「知見」のように「見る体験に基づいて知ること」だけに限定されていないのです。

また「知識」という言葉は、「ある物事について知っている内容」を意味しているので、「知見」と比べると「実際に見る経験をしているか否か」とは関係がない違いも指摘できます。

一方、「知見」には「ある問題についての考え方・価値判断・見識(本質を認識する適切な判断力)」といった意味があり、「知識」には「経験に基づく考え方や見識」までの意味合いはありません。

まとめ

「知見」「知識」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「知見」とは「ある物事を実際に見てその意味・影響などを知ること」「ある物事に対する考え方・見解」を意味していて、「知識」「認識・学習などによって得られた知的な成果・何かを理解して知っているということ」を意味している違いがあります。

「知見」「知識」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典