スポンサーリンク

「知見を得る」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知見を得る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「知見を得る」とは、二つの意味があります。

一つ目は、実際に見て知ることという意味です。

もう一つは、見聞して得た知識という意味になります。

実際に見た場合と、見聞きした場合それぞれで、使われます。

「知見を得る」という意味と使われ方について解説してきます。

スポンサーリンク

「知見を得る」の解説

「知見を得る」という言葉の一つ目の意味は、「実際に見て知る」という意味になります。

これは、「知見」という言葉を見ればわかるように、見て知るということになります。

「知見を得る」という言葉の二つ目の意味は、「見聞きして知る」ということになります。

「知見」という言葉には、「見聞きして得る知識」という意味があるのです。

仏教用語では、正しい物事の認識とも言われています。

「知見を得る」という言葉の類義語には、例えば「見識」という言葉があります。

見識を得るというようにも使われます。

「見識」の意味には、「分別がついている」というような意味や、「本質をついている」という意味があります。

「見識を持った人」というような使われ方をすると、「常識を持った人、物事の良し悪しが分かる人」という意味になります。

そういう観点から「知見を得る」という言葉と関連していることが分かります。

「知見を得る」の使われ方

一つ目の「知見を得る」の意味では、何か現場にあるものを実際に見てそれで知るということです。

書籍を読むなどして知っていたことを、実際の体験として見てそれで知るという場合にも使われるでしょう。

この二つ目の意味の「知見を得る」というのは、自分の実際の体験ではなくて、人から話を聞いたりして知識を得るということもあります。

そのほかにもテレビで見て知ったというときにも「知見を得る」は使われるでしょう。

「知見を得る」という言葉は、ビジネスシーンで良く使われます。

例えば、新入社員が「知見を得るために上司にアドバイスをもらいにいってきた」というような使い方をします。

また他には、「社内の運営方針について知見を得るために専門家にチームに入ってもらった」というような使い方をします。

また見聞による知識を得るという意味では、「知見を得るためにマーケティングセミナーに参加しました」というような使い方もされます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典