スポンサーリンク

「研究」と「研修」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「研究」と「研修」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「研究」「研修」は言葉の響きは似ているのですが、その意味は全く違います。

その違いについて説明します。

スポンサーリンク

「研究」とは?

「研究」というのは何かについて調べてそれがどういう事を意味しているかについて考える事です。

「研究」をすることでいつも何気なく見ている事象も何が原因で起きているか学問の観点から明らかにしていこうというのが「研究」です。

「研修」とは?

「研修」というのはこれから何か仕事をやろうという時に必要になるスキルや資格を取得するために受ける講座や勉強会を指す言葉です。

なので「研修」というのはその多くが受け身になり、何かを自発的にやるという事ではないです。

基本は座学で講師を招いたりして講義を聴くスタイルになる事が多いです。

また、「研修」では実際に座学で学んだ内容を実践するために実地研修というのもあります。

この場合は実地で実際に自分が学んだ内容を理解できているかを試す意味があります。

「研究」と「研修」の違い

「研究」「研修」の違いは「研究」の場合は自分で特定の何かについて深く追究してどうしてそのような事が起きるかを学術的な観点から学ぶ事に対して、「研修」の場合は仕事などで必要になるスキルを学ぶために行うのが「研修」になります。

なので、「研究」「研修」では全くその意味合いが異なります。

「研究」は学問を学ぶという意味がありますが、「研修」の場合は仕事に必要になるスキルを学ぶために受けるものです。

まとめ

「研究」「研修」も何かについて勉強をするという意味では同じですが、「研究」は何か1つの事を調べてどういうものであるか理解するためのものですが「研修」の場合は何かしらのスキルを学ぶために指導を受ける事を意味しています。

なので、「研究」「研修」では全くその内容が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典