「神話」と「昔話」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「神話」と「昔話」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「神話」「昔話」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「神話」とは?

「神話」の意味と概要について紹介します。

「神話」の意味

「神話」「しんわ」と読みます。

意味は「宇宙や人、動物、文化などを創造したり、起源となる現象やエピソードに、神々の存在を関係付けて表した物語のこと」「特に科学的に証明されていないのに、長い間人々によって信じられている事柄」です。

「神話」の概要

「神話」には、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は、元の意味として「大昔に、神々が自由奔放に暮らしていて、それが宇宙や人間、動物、文明などの起源につながったという物語を表したもの」のことで、「ギリシャ神話」「エジプト神話」などがあります。

2つ目は上記から転じて「科学的に証明されていないのに、長い間人により信じられ、称賛されたり、恐れられている様なものごと」で、「学校における安全神話」などと言います。

「神話」は文字通り「神々の伝説」「神がかった話」という意味で、真実味はありません。

「昔話」とは?

「昔話」の意味と概要について紹介します。

「昔話」の意味

「昔話」「むかしばなし」と読みます。

意味は「昔の出来事や経験などについて語ること」「民俗学で、昔起きたとされる空想の話を、子供向けに語って聞かせること」です。

「昔話」の概要

「昔話」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「昔の出来事や経験などについて語ること」という意味で、「年よりは昔話が好きだ」などと言います。

2つ目は「民俗学で、昔起きたとされる空想的な内容の話を、子供向けに語って聞かせること」という意味で、「昔話の紙芝居」などと言います。

「むかし、むかし、あるところに」で始まり、「桃太郎」「一寸法師」「はなさかじじい」などがあります。

昔の空想話で登場人物は人や動物、神など様々で、「神話」「昔話」のうちに含まれる場合もあります。

「神話」と「昔話」の違い!

「神話」「神々の伝説」「神がかった話」です。

「昔話」「昔の出来事や経験の話」「昔起きたとされる空想の話」です。

まとめ

今回は「神話」「昔話」の違いをお伝えしました。

「神話は神々の物語」「昔話は昔あった空想の物語」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典