スポンサーリンク

「空く」と「開く」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空く」と「開く」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「空く」「開く」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空く」とは?

「空く」「あく」「すく」と読み。

の意味は以下の通りです。

1つ目は「今までその場所を占めていたものが、なくなること」という意味で、その場所にいた人や物がどいてなくなることを言います。

2つ目は「穴が生じる」という意味で、ふさがっていた場所に穴が出来ることを言います。

3つ目は「空間や余白ができること」という意味で、あるもの同士の間隔が広がることを言います。

4つ目は「容器の中のものが全部なくなること」という意味で、中身が外に出されることを言います。

5つ目は「用事が済んで使わなくなること」という意味で、ある役割が終わってしばらく必要としないことを言います。

上記に共通するのは「空間や空白の状態になる」という意味です。

「空く」の使い方

「空く」「今までその場所を占めていたものが、なくなること」「穴が生じる」「空間や余白ができること」「容器の中のものが全部なくなること」「用事が済んで使わなくなること」という意味で使われます。

動詞として「空く・空いた」と使われたり、副詞として「空いて」と使われたりします。

基本的に、今までふさがっていた場所がからになる時に使われる言葉です。

「開く」とは?

「開く」「あく」「ひらく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「閉じていた部分が動いて隙間ができること」という意味で、ドアや仕切りなどが解き放たれることを言います。

2つ目は「営業が始まる」という意味で、お店で営業が始まったり、営業時間帯のことを言います。

3つ目は「選挙せ開票が始まること」という意味で、票が数えられる始めることを言います。

上記に共通するのは「閉じていたもをひらく」という意味です。

「開く」の使い方

「開く」「閉じていた部分が動いて隙間ができること」「営業が始まる」「選挙せ開票が始まること」という意味で使われます。

動詞として「開く・開いた」と使われたり、副詞として「開いて」と使われたりします。

基本的に、閉じていたものをひらく時に使われる言葉です。

「空く」と「開く」の違い

「空く」「今までふさがっていた場所がからになること」という意味です。

「開く」「閉じていたものがひらくこと」という意味です。

「空く」の例文

・『ストレスが続いて胃に穴が空きそうだ』

・『今からホテルで空いている部屋を探すのは難しい』

・『丁度良いタイミングで席が空いたので座れた』

・『ベトナム支店長のポストが空いているけどどうかね?』

「開く」の例文

・『急に車のカギが開かなくなりJAFを呼んだ』

・『外から声をかけたら2階の窓が開いた』

・『今日は何時まで開いていますか』

・『投票締め切りを待たずに票が開いた』

まとめ

今回は「空く」「開く」について紹介しました。

「空く」「そこがからになる」「開く」「閉じていたものがひらく」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典