スポンサーリンク

「突然」と「いきなり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「突然」と「いきなり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「突然」「いきなり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「突然」とは?

不意に起きたこと、予期しないことが起きたこと、しかも、その予期しないことが急に起きたこと、といった意味を持つ「突然」

また、だしぬけである様子を意味する言葉ともなります。

思いかけず起きたことを意味するため、同じような意味の言葉としては、「急に」「突如」「唐突」「忽然」などがあり、どれも、急に思いがけないことが起きるといった共通の意味を持ちます。

「突然」の使い方

「突然」は、様々な言葉に用いられています。

「突然死」「突然変異」「突然の雨」「突然の中断」「突然の決定」「突然の爆発」「突然の災難」のほか、「突然、失礼します」といった使い方も日常的に用いられています。

「いきなり」とは?

一切前触れなどなく、急に何かものごとが発生した際に用いられる「いきなり」

そのため、突発的なイメージが強い言葉となります。

また、ものごとにおいて何らかの段階を踏むことは時には必要です。

そんな、段階を踏まずに起きた様子も「いきなり」といった意味となります。

そのほか、今後のことについて何も考えず行動するさまや十分に考えず行動するさまも、「いきなり」といった意味となります。

このようなことから、「いきなり」と同じような意味を持つ言葉には、「ついと」「急激」「俄然」「にわかに」「前触れなく」「突発的に」などがあります。

「いきなり」の使い方

「いきなり」の使い方としては、「いきなり○○する」といった使い方となり、「いきなり笑いだす」「いきなり飛び出してくる」「いきなり書き始める」「いきなり訪れる」「いきなり寒くなる」などとなります。

「突然」と「いきなり」の違い

一見、同じような意味のように思える「突然」「いきなり」ですが、その状況には多少、違いがあります。

「突然」は、考えてもいないことが急に起こることを意味する一方、「いきなり」は、前触れもなく急に起こる様子を意味します。

「突然」「いきなり」の場合、置き換えても問題なく使用することができる文章も数多くありますが、なかには、置き換えることで違和感のある文章になる場合もあるため、そういった時に使い分けが重要な言葉となります。

「突然」の例文

・『母の死があまりにも突然すぎて、まだ、死んだことを受け入れることができません。』

・『突然の大雨によって裏の崖が崩れてしまいました。』

・『突然、失礼しますが、少しお話を聞いて頂く事はできないでしょうか。』

・『突然、同級生が暴れだし驚きました。』

「いきなり」の例文

・『いきなり寒くなったので着ていく洋服がありません。』

・『母には、いきなり部屋に入ってくることだけはやめてほしい。』

・『いきなり来られても対応することはできません。』

・『上司にいきなり「一言お願いします」と朝礼で振られ本当に困りました。』

まとめ

以上が「突然」「いきなり」の違いです。

意味によって同じ使い方を行うことができる場合とできない場合があるため、その点に注意し適切な使い分けが必要な言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典