「立て込んでいる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「立て込んでいる」

立て込んでいるという表現はビジネスでも使うことができます。

ビジネスで使う場合は敬語表現に変えなければいけませんが、覚えておくと非常に便利な言葉だと言えましょう。

これは忙しくて手が回らないことを指しています。

「立て込んでいる」の意味

忙しくて手が回らない時、立て込んでいるという表現を使うことができます。

例えば「今ちょっと立て込んでいて手が離せません」という使い方ができるのです。

特にビジネスシーンにおいて使われることが多いと言えるでしょう。

「立て込んでいる」の言葉の使い方

立て込んでいるという表現は忙しいという意味合いを丁寧に行った表現になります。

例えば、仕事終わりに上司から飲みに行こうと誘われたとしましょう。

そんな時は「今少し忙しくて」というより、「今立て込んでおりまして」と答えた方が丁寧なのです。

「立て込んでいる」を使った例文・短文(解釈)

それならば、立て込んでいるという表現を使うとどのような文章ができるのでしょうか。

ここでは立て込んでいるという言葉を使った例文を紹介します。

「立て込んでいる」の例文1

「立て込んでいるという表現は仕事に重点を置いているニュアンスが強い」

上司から飲みに行こうと誘われたりした時、「今夜は忙しいので」といえばなんだかプライベートな事情のために忙しいと言っているように聞こえます。

しかし、「今夜は立て込んでいるので」と言えばまだまだ仕事が忙しいように聞こえるのです。

仕事に重点を置いた答え方になりますので、立て込んでいるという表現を使うことによって相手に理解してもらうことができるのです。

仕事なら仕方ないと思いますよね。

「立て込んでいる」の例文2

「今日は仕事が多く、立て込んでおりましてなかなかそこまでできそうにありません」

どんどんどんどん仕事を言い渡された場合、中には「そこまでできない」ということもあるかもしれません。

そんな時には仕事を受け付けず、きちんと断ることも大切です。

そんな時には「今日は立て込んでおりますので」と答えるようにしましょう。

終わらないと思える仕事は引き受けてはいけません。

他の人に助けを求めることも大切です。

自分で全て引き受けてしまい、助けを求めることができなくて締め切りまでに間に合わせられないとなれば、それは自分の責任になります。

「立て込んでいる」の例文3

「本日部長が立て込んでおりまして、少々手が離せない状態です」

もしも部長宛に誰かから電話が来た時、部長が忙しくて今手が離せないという状態であればしっかりと下の者が対応しなければいけません。

そんな時には立て込んでいるという表現を使い、手が離せないという旨を伝えましょう。

そしてしっかり謝罪することが大切です。

部長は今忙しいから電話には出られないということを間違いなく伝えられるようにしておきましょう。

「立て込んでいる」の例文4

「彼女はいつも立て込んでいるからね、仕方ないよ」

誰かに何かをお願いしようとした時、いつも忙しくてなかなか役に立たないという人もいるのではないでしょうか。

役員等本当はお願いしたいけれどいつも忙しそうで頼むことさえできないという場合、「立て込んでいるから」ということができます。

特にもし例えば家族の介護などで忙しくしているのであれば、無理矢理他の役員等をお願いすることはできないですよね。

最近は少子高齢化の影響を受けて高齢者であっても役員等を引き受けなければならない状態になりつつあります。

しかし高齢にもかかわらず子供たちの助けを受けることができず、さらに自分の親の介護をしているなどということになれば、少しは事情を考慮しても良いのではないでしょうか。

そのような場合はまさに立て込んでいるからと、その人をフォローすることができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典