スポンサーリンク

「童心に帰る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「童心に帰る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「童心に帰る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「童心に帰る」とは?意味

「童心に帰る(どうしんにかえる)」「童心」とは、子供の心、または子供のような無邪気で純真な心のことを言います。

なので、「童心に帰る」は子供の心、あるいは子供のような無邪気で純真な心に帰ると言う意味になります。

「童心に帰る」の概要

「童(わらべ)」は子供や児童のことを言います。

そのため、「童心に帰る」は子供や児童の頃の心に帰るという意味になります。

「童心に帰る」の言葉の使い方や使われ方

「童心に帰る」の言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

『実家で片付けをしていたら、子供の頃に好きだったおもちゃが出てきて、思わず童心に帰ったような気分になりました』、『子供と一緒に遊んでいると、自分も童心に帰ることができ、とても楽しくなります』、『私は子供の頃から好きだった絵を描くことで、童心に帰ることができ、良いストレス解消にも繋がっています。

』、『純真無垢な動物たちを見ていると、私も自然と童心に帰ることができます』、『私は大好きなぬいぐるみと一緒にいると、童心に帰ったように子供の頃の感覚を思い出し、とても癒されます』

「童心に帰る」の類語や言いかえ

「童心に帰る」と似たような言葉としては、「無邪気」「純真」「無垢」「幼心」「はしゃぐ」「遊び心」、または「子供に戻る」などが挙げられます。

まとめ

生まれた時は誰でも自然に自分の思いのままに生きています。

ですが、いつのまにか周りの事を考えなければいけない環境下に置かれていきます。

子供の頃は特に周りの環境が成長に大きな影響を与えます。

伸び伸びとした環境で育てば、そのような子供に成長していくことでしょう。

どのような環境で育ったとしても、社会人になると、周りとの協調性が重要視されていきます。

人によってはそのような環境が自分には向いていないということで、最初から組織や団体に入らずに、個人で仕事をしていくこともあります。

周りに合わせてばかりいると、自分を見失ってしまう可能性があります。

本当の自分を知ることは、自分らしい人生を生きていくためにも重要なことです。

ストレスが多いと感じた時は、一度歩みを止め、童心に帰ってみるのもよいかもしれません。

大人のような悩みがなかった頃の自分の気持ちを思い出すことで、本当に自分がやりたかったことを見つけやすくなるでしょう。

「童心に帰る」ためには、自分が幼かった頃に好きだったことをやってみることで、その当時の気持ちを思い出しやすくなります。

大人になると、どうしても頭で考えることが増えてしまい、感じることが少なくなってしまいます。

嫌なことや、やらなければいけないことばかりやっていると、どんどん気持ちが重くなってしまいます。

そのような状態になると、感情がうまく働かなくなったり、幸せを感じにくくなってしまうでしょう。

大人の社会では、ずっと子供の気持ちのままでいることは難しいかもしれません。

それでも自分自身を保っていくためにも、時々は「童心に帰る」時間を設けていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典