スポンサーリンク

「笑われる」と「笑わせる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「笑われる」と「笑わせる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「笑われる」「笑わせる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「笑われる」とは?

「笑われる」を別の言葉で置き換えた場合、「見下される」「馬鹿にされる」「笑いものになる」「笑いものにされる」と決して良い意味で置き換えることはできません。

このように「笑われる」をほかの言葉で置き換えたものからもわかるように「笑われる」というものは、自分本意で相手が笑っているものではなく、勝手に相手が自分のことで笑っている状態を意味し、しかも、相手が自分のことを見下し馬鹿にして笑っていることを意味するものとなります。

「笑われる」の使い方

「笑われる」の場合、「人に笑われる」「友達の笑われる」といった誰かに「笑われる」といった使い方をはじめ、「笑われるような行為」「笑われるような言動」「笑われるばかり」などといった使い方もあります。

「笑わせる」とは?

「笑わせる」を別の言葉で置き換えた場合、「冗談を言う」「ギャグを言う」「ジョークを言う」「おどける」など、自分本意で相手におもしろいことをする、楽しませる、といったものとなります。

「笑わせる」という行為は、相手が笑ってくれるように自分から仕向ける行為で、決して、相手に馬鹿にされるような行為ではありません。

「笑わせる」の使い方

「笑わせる」の場合、「人を笑わせる」「友達を笑わせる」といったように誰かを「笑わせる」といった使い方をはじめ、「笑わせる気質」「にっこりと笑わせる」「どっと笑わせる」などといった使い方もあります。

「笑われる」と「笑わせる」の違い

同じ「笑う」といった言葉でも、全く意味が異なる「笑われる」「笑わせる」

「笑われる」は、自分は笑って欲しいと思っていないにも関わらず、周りが勝手に自分を見て笑う行為を意味し、決して、良い気分ではありません。

その反面、「笑われる」は、自分が周りに対し笑って欲しいと何か行動することを意味し、そのため、周りから笑われると気分が良いものとなります。

この違いが「笑われる」「笑わせる」の大きな違いです。

「笑われる」の例文

・『これ以上、クラスの子に笑われるのは嫌だ。』

・『いつも、失敗ばかりしている私は、人から笑われることに慣れてしまいました。』

・『「そんな恰好ではご近所さんに笑われる」と妻に叱られました。』

・『みんなの前で笑われるのが我慢できません。』

「笑わせる」の例文

・『僕は一人ぼっちで寂しそうな子を笑わせることが得意です。』

・『小さなころから、家族を笑わせるのが僕の役目でした。』

・『プロはたった一言で、お客を笑わせることができます。』

・『人を笑わせることが大好きだった彼は、芸人になりました。』

まとめ

おなに笑う行為でも、自分が感じる気分が大きく異なる「笑われる」「笑わせる」

その点を踏まえ、適した使い分けが求められる言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典