「算段」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「算段」とは?意味

「算段」には、「苦心して、良い方法や手段を考えること」という意味があります。

また「算段」には、「あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること」という意味があります。

「算段」の読み方

「算段」の読み方は、「さんだん」になります。

「算段」の表現の使い方

「算段」の表現の使い方を紹介します。

「算段」には、「苦心して、良い方法や手段を考えること」という意味があります。

例えば、彼女の誕生日を祝う時、良いアイデアが浮かばないかもしれません。

それでも苦心して、誕生日を祝う良い方法や手段を考える時、「彼女の誕生日の祝い方を算段する」などと言います。

また「算段」には、「あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること」という意味があります。

例えば、お店の運転資金が足りないと感じた時、いったん貯金を取り崩して、回転式に充てるような時、「貯金を取り崩して、回転資金を算段する」などと、「算段」を使った文章にできます。

「算段」を使った例文や短文など

「算段」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「算段」を使った例文1

「できるだけ生活費を掛けずに暮らせる方法を、『算段』した」

この例文は、生活費を節約する方法を、苦心して考えたという意味があります。

このように、「算段」には、「苦心して、良い方法や手段を考えること」という意味があります。

特にストレスもたまらず、特別な努力もいらずに、生活費を節約できたら、それは良い「算段」と言えるでしょう。

「算段」を使った例文2

「ボーナスが出ないと決まったため、生活費を『算段』することになった」

この例文は、あてにしていたボーナスが出なくなったため、生活費が足りなくなり、何とか工夫して金銭の都合を付けなければならなくなったという意味があります。

このように「算段」には、「あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること」という意味があります。

「算段」の類語や類義語・言い換え

「算段」の類語や類似を紹介します。

「計算」【けいさん】

「計算」には「物の数量をはかり数えること」という意味があります。

「金額を計算する」「計算して、答えを出す」などという使い方をします。

「アイデア」【あいであ】

「アイデア」には「思いつき」「新規な工夫」という意味があります。

「アイデアが湧く」「アイデアが思い浮かばない」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典