スポンサーリンク

「範疇」と「概念」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「範疇」と「概念」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「範疇」「概念」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは早速「範疇」の方から、取り上げていきます。

スポンサーリンク

「範疇」とは?

最初に「範疇」(はんちゅう)の意味をご説明致します。

「範疇」とは対象となる事柄の中で、同じようなものがある範囲を指しております。

もっと簡単に言うと、同じようなことなどが含まれていることです。

「概念」とは?

次に「概念」(がいねん)の意味を解説していきます。

「概念」の場合は対象になる物事のあらましを、指しているのです。

これは本質を指しています。

「範疇」と「概念」の違いとは?

この項目においては、「範疇」「概念」の違いを取り上げてみましょう。

「範疇」の方は対象とされる内容において、同類と見受けられる範囲のことを表しております。

一方で「概念」の場合は、内容の本質やあらましについて、表現しているのです。

「範疇」と「概念」の使い方の違い

ここでは「範疇」「概念」の使い方の違いを説明します。

「範疇」を使うときは対象において、殆んど同じものであると判断できる際に使います。

また「概念」を使う場合は内容のあらましや、本質を表す時に使うことが多いです。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「ファッションの範疇を超えており、芸術の域に達していると思います」

「ミステリードラマの範疇に入る、ドラマです」

後者の使い方

「情報産業の概念を覆すほどの、新発明だ」

「中々概念を把握することに、苦労している様子だ」

「範疇」を使った例文

それでは「範疇」を使った例文を書いていきます。

・『君の説明では中々どのような、範疇にあるのか今一分からない』

・『スタジオミュージシャンとしてキャリアが20年の彼の演奏技術は、音楽の範疇を超えるほどに素晴らしいものだ』

・『ビジネスにするには、娯楽の範疇を出ていないことには、話にならない』

・『航空機とドローンは、同じ範疇にあるものだと思います』

・『和服の範疇と洋服の範疇を、上手く合わせたファッションセンスだ』

「概念」を使った例文

最後の項目において、「概念」を使った例文を書きます。

・『会社概念を改めることを考えていると、社長が言っていた』

・『零戦はこれまでの戦闘機の概念を、覆すほどの名機だ』

・『国語の概念から外れている解答が、見受けられるようになりました。如何に生徒達が、漢字離れしているかが分かります』

・『プレイステーション5はテレビゲームの概念を超え、映画と見間違うほどに美しい画質で、プレイができる』

・『彼の勉強の概念と、私の父親の勉強の概念は違うことに気が付きました』

まとめ

まとめとして、「範疇」の場合は対象になる物事の中に、同じものが含まれていると判断できることです。

「概念」とは対象とされる事柄においての、あらましを指すときに使うものになります。

もっと簡単にいうと、内容の本質を表すときに使うものなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典