「精彩を欠く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「精彩を欠く」とは?

「精彩を欠く」という表現は、「生き生きとした様子がないこと、調子が悪そうなこと」「活気・生命力に満ち溢れた感じがないこと」を意味しています。

「精彩を欠く」というのは、「生き生きとした切れ(勢い)の良さが感じられずにパッとしないさま」を意味している表現なのです。

「精彩を欠く」「精彩(せいさい)」という表現は「活気がある生き生きとした様子・感じ」のことを意味しています。

その「精彩」が欠けている(不足している)状態を指して、「精彩を欠く」と言っているのです。

「精彩を欠く」の読み方

「精彩を欠く」の読み方は、「せいさいをかく」になります。

「精彩を欠く」の表現の使い方

「精彩を欠く」の表現の使い方は、「動き・表情・言葉などに生き生きとした活気に満ち溢れた感じがない時」「言動・雰囲気などに活気がなくてパッとしない時」に使うという使い方になります。

例えば、「今のあなたは表情や動作に精彩を欠いているので、しばらく休養を取った方がいいでしょう」などの文章で、この言葉を使用できます。

「精彩を欠く」を使った例文と意味を解釈

「精彩を欠く」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「精彩を欠く」を使った例文1

「いつもの彼とは打って変わって、彼の講演での発言や雰囲気は精彩を欠いていました」

この「精彩を欠く」を使った例文は、「発言に調子の良さそうな感じがない・雰囲気に勢いや活気がない」という意味で、「精彩を欠く」の表現を使用しています。

「精彩を欠く」を使った例文2

「連続フォアボールを出すなど精彩を欠いた投球を繰り返したピッチャーは、間もなく交代させられました」

この「精彩を欠く」を使った例文は、「精彩を欠く」という表現を、「ピッチャーの投球内容に勢い・活気や調子の良さが感じられない」という意味で使っています。

「精彩を欠く」の類語や類義語

「精彩を欠く」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

「活気がない・調子が悪そう」【かっきがない・ちょうしがわるそう】

「精彩を欠く」という表現は、「生き生きとした活気がないこと」「いつもとは違って切れがなく調子が悪そうなさま」を意味しています。

その意味合いから、「精彩を欠く」とほとんど同じような意味を持つ類語として、「活気がない・調子が悪そう」を指摘できます。

「躍動感がない・パッとしない」【やくどうかんがない・ぱっとしない】

「精彩を欠く」という言葉は、「動きが鈍くて躍動感がないさま」「表情・態度・雰囲気などに勢い・活力がなくてパッとしない様子」を意味しています。

それらの意味から、「精彩を欠く」と近しい似た意味を持つ類義語として、「躍動感がない・パッとしない」を上げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典