スポンサーリンク

「紐帯を強める」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「紐帯を強める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「紐帯を強める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「紐帯を強める」とは?意味

「紐帯を強める」「紐帯」「ちゅうたい」と読み、その意味は結びつける役割や力を意味する言葉です。

「紐帯」の漢字は「紐」がひもで、「帯」がおびで、いずれも、結んだり締めたりする意味を持ち、そこから結びつける役割や力を意味する言葉の「紐帯」が出来たのです。

以上の「紐帯」の意味から、「紐帯を強める」とは、結びつきの役割や力を強める事を意味し、少し難しい言葉で会話では余り使われませんが、文章表現ではしばしば使われる慣用句となっています。

「紐帯を強める」の概要

「紐帯」は結びつける役割や力であり、家族や親族の様な血縁や、地縁や、利害関係者や、会社等の集団や、趣味のサークル等、社会を形成する多くの「紐帯」があります。

また国際関係における国と国の結びつきも「紐帯」です。

こうした色々な関係性を強める事が「紐帯を強める」という事なのです。

「紐帯」は社会にとって、ある意味で大きな影響がる事項であり、その「紐帯を強める」べきか、逆に「紐帯を弱める」方が良いのかは、社会学でテーマとして取り上げられる事も少なくありません。

その一例として、スタンフォード大学のマーク・グラノヴェター教授が1973年に発表した「弱い紐帯の強さ」と題した論文が有名です。

その骨子は、社会的に強い強い紐帯を持つ人々は、生活環境やライフスタイルや、そこから生じる価値観などが似ており、また自分と似通った情報を持つことが一般的に多いと言える。

逆に弱い紐帯を持つ人々の場合、自分とは違った環境やライフスタイルや価値観などで、多様性を持っている事が多いため、思いがけない情報をもたらしてくれる存在になり得るというものです。

この説は創造的な仕事を推進する研究所や企業において、年齢や経歴や所属部署の垣根を超えて、弱い紐帯で連携するプロジェクトやタスクホースを積極的に構築する根拠となっています。

また最近では、新たにSNSでの結びつきと言う、かつてはなかった「紐帯」が誕生し、その「弱い紐帯」の拡大だけに興じて、「紐帯を強める」べき関係性が強められない事による課題も社会問題化していると言えます。

「紐帯を強める」の言葉の使い方や使われ方

「紐帯を強める」の言葉は、『強いサッカーチームを目指して、紐帯を強める事を皆で意識している。』や『災害にあった事で、さらに家族の紐帯を強める結果となった。』の様に使われます。

「紐帯を強める」の類語や言いかえ

「紐帯を強める」の言い換えとしては、『絆を強める』や『団結を強める』や『友好関係を強める』や『連帯を強める』等があります。

まとめ

「紐帯を強める」とは、結びつきの役割や力を強める事を意味し、少し難しい言葉で会話では余り使われませんが、文章表現ではしばしば使われる慣用句となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典