スポンサーリンク

「経営理念」と「ミッション」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「経営理念」と「ミッション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「経営理念」「ミッション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「経営理念」とは?

「経営理念」は、経営者側が持つ考え方のことで、簡単に言えば、経営の目標や方針に手段などを経営者側が掲げた経営の考え方になり、経営者が変われば理念も変化します。

「ミッション」とは?

「ミッション」は経営者側に課せられる試練のことを指し、言ってしまえば、経営者がなすべく使命です。

この使命は、経営者ごとに変わり例えば、事業を大きくするなどの他、もっと新商品を世に送り出すなど経営者側が定めた試練になります。

この試練は、経営者が自ら自己の会社に課して従業員と一丸になることで達成する使命になります。

「経営理念」と「ミッション」の違い

「経営理念」「ミッション」の違いは、考え方で終わるか、使命と考え実現するべく目標ととらえるかです。

「経営理念」はあくまで経営者側の考えであり、実のところ実現するかどうかについてはどうでもよく、「ミッション」の場合は、経営者側の目標になるため、実現するかどうかを重要視します。

「経営理念」の例文

・『わが社の経営理念は、とにかく商品を販売する』

この例は、会社の運営方針がとにかく商品を売るという考え方だとした例です。

良くも悪くもわかりやすい「経営理念」です。

・『わが社の経営理念は、コスト削減だ』

この例は、会社の運営の考え方がコスト削減を主だという例です。

理念であるため、できるかどうかは重要ではないが、できたらよいかというのが理念になります。

「ミッション」の例文

・『わが社は、文房具の新規開発をミッションとする』

この例は、文房具の新規開発事業を目標としたという例になります。

「ミッション」は会社が掲げた目標で、経営者が掲げます。

・『わが社は当面の間、小麦の安定供給をミッションとする』

この例は、小麦の安定供給を企業を上げて目標とするという例になります。

「ミッション」とあるため、企業の経営者が目標として掲げた目標で社員一同が行うべく活動です。

なお、目標の達成については、成功においては、「ミッション成功」、失敗した場合は、「ミッション失敗」です。

まとめ

「経営理念」「ミッション」の違いは、経営者側の考えであるか、経営者側が、目標を設定して会社を上げて努力するかという違いです。

「経営理念」入ってしまえば、口約束のような物で、できればよいな、で済まされます。

しかし、「ミッション」は、経営者側が目標を掲げているため、目標達成不可時においては社員側にペナルティを与える可能性もあり、強制が可能です。

無論、強制により「ミッション」が成功した暁には、社員一同に多くの報酬を与えるなどの恩赦を与えることも可能で、従業員のやる気を奮い立たせる手法の一つとして使用できるのが「ミッション」です。

また、「ミッション」は、目標を達成させるという手法で会社の成長を促すこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典