「経験を活かす」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「経験を活かす」とは?

「経験を活かして…」というフレーズを使って、就活時やバイト面接で自己アピールをした経験がある人は多いと思います。

「経験を活かす」は、「けいけんをいかす」と読みます。

自分の長所をアピールする時に「経験を活かす」という言い回しをしますが、その本当の意味を理解していない人もいるでしょう。

そこで「経験を活かす」の意味や使い方を紹介します。

意味や使い方を知る事で、「経験を活かす」という言葉を、より効果的に使えるようになるかもしれません。

「経験を活かす」の意味

「経験を活かす」には、それまでの人生で仕事や学びを通して培ったスキルや知識を、物事に役立てるという意味があります。

例えばビジネスシーンで、「これまでの『経験を仕事に活かす』」という場合は、これまで培ってきた知識や技を、次の仕事に役立てるという意味があります。

また、転職先で仕事を始める時に「経験を活かす」場合、新しい職場で一から頑張るだけでなく、これまで養ってきた技術や能力も発揮して頑張るという意味があります。

このように「経験を活かす」には、経験から学んだ技術や知識を役立てるという意味があります。

「経験を活かす」の言葉の使い方

「経験を活かす」という言葉を使う時は、どのような時でしょうか。

例えば新しい部署に異動になった時に、まっさらな状態から始めるのではなく、前の部署で培ったノウハウを役立てようとする時に「経験を活かす」という言葉を使う事になります。

また、子育てを終えた主婦が仕事を再開する時に、「子育ての経験を活かす」事もできます。

保育所関係の仕事をしたり、養護施設の仕事をしたりする時には、子育て中のノウハウを活かす事ができます。

ゼロからではなく、今までの経験が活かせる事をアピールしたい時に「経験を活かす」という言葉を使いましょう。

「経験を活かす」を使った例文

「経験を活かす」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

様々な場面における「経験を活かす」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

「経験を活かす」の例文1

「サークル活動の『経験を活かし』、御社のお役に立てると確信しています」

この例文に登場するのは学生で、きっと就活中なのでしょう。

面接で自己アピールする時に使われる常套句が「経験を活かす」という言葉です。

自己アピールする時に「経験を活かし」を使うためには、実際にどのように役立つかをわかりやすく説明する必要があります。

学生時代のサークル活動が、どう会社の役に立つのか、面接官が納得できるような答えを用意しましょう。

例えば「サークル活動で養ったコミュニケーション能力が、会社の役に立つ」など、具体的な「経験を活かす」方法をアピールしましょう。

「経験を活かす」の例文2

「Aさんには前の職場の『経験を活かし』、営業を担当してもらう事にします」

転職活動をする時に、20代前半の若い男女は別ですが、30代以降の男女の場合は、「経験を買われて」採用される事が多くなります。

前の職場で養ったスキルや知識を、自社の仕事に活かしてもらいたいと思い、採用する企業が多いでしょう。

そのため、この例文のように転職先では以前の職場の「経験を活かす」事が求められます。

「経験を活かす」の例文3

「主婦時代の『経験を活かせる』仕事を探します」

この例文に登場する女性のように、子育てが落ち着いた主婦が仕事を探す時に、主婦時代の「経験を活かす」仕事を探すのは正しい選択のひとつです。

子育ての経験、家事の経験は、高いコミュニケーション能力を生み、忍耐力やマルチタスクの能力を育む事ができるでしょう。

転職エージェントなどを利用する時は、主婦として積んだ「経験を活かせる」職場を探したいと伝えて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典