「結婚相手」と「恋人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「結婚相手」と「恋人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「結婚相手」「恋人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「結婚相手」とは?

「結婚相手」の意味と概要について紹介します。

「結婚相手」の意味

「結婚相手」「けっこんあいて」と読みます。

意味は、「法律的に婚姻関係を結ぶ予定である相手のこと」です。

「結婚相手」の概要

「結婚相手」は、今後法律的に婚姻関係を結び、夫婦となる予定の相手のことを言います。

結婚して家庭を築き、パートナーとして協力し合って暮らしていく存在で、法律的に守られる代わりに、不貞行為はできず、離婚するにも法律上の手続きが必要で、簡単に別れられません。

厳密には婚約した相手に対して使われる言葉ですが、現在恋人同士であっても、将来結婚するつもりであったり、まだ出会っていない人であっても「結婚相手を探す」などと漠然とした意味で使うこともあります。

「恋人」とは?

「恋人」の意味と概要について紹介します。

「恋人」の意味

「恋人」「こいびと」と読みます。

意味は「恋愛感情を持って付き合う相手のこと」です。

「恋人」の概要

「恋人」は、お互い恋愛感情を持って付き合う相手のことを言います。

相手のことが異性として好きである、一緒にいたいなど、恋い慕う気持ちで結ばれています。

「恋人」は法律的な関係ではないので、いつでも付き合ったり別れたりできます。

浮気しても相手が既婚者でなければ違法行為に当たらず、自由度が高くなります。

また、自分が「恋人」と思っていても、相手が「友達」だと思っているなどの勘違いもあります。

「結婚相手」と「恋人」の違い!

「結婚相手」「法律的に婚姻関係を結ぶ予定である相手のこと」です。

「恋人」「恋愛感情を持って付き合う相手のこと」です。

まとめ

今回は「結婚相手」「恋人」の違いをお伝えしました。

「結婚相手は婚姻関係になる予定の相手」「恋人は恋愛の相手」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典