スポンサーリンク

「給料ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「給料ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お給料にまつわる用語に「給料ファクタリング」「給与前払いサービス」があります。

この記事では、「給料ファクタリング」「給与前払いサービス」の違いを分かりやすく説明していきます。

見分けが付きにくい2つのサービスを、あらためて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「給料ファクタリング」とは?

給料ファクタリングとはお給料日の前に、債権を買い取ってもらい現金化するサービスのこと。

給料日までお金がもたないとき、資金が底をついているときに個人がおこなう方法です。

もともとファクタリングというのは、中小企業が資金繰りに困ったときに、売掛金を専門業者に買い取ってもらい現金化していたサービスのこと。

現在ではその範囲がひろがって、個人の方でも「給与ファクタリング」を利用できるようになっています。

ファクタリングは貸金業の登録が必須です。

そのため給料ファクタリングを利用する場合は、貸金業の登録をおこなっている優良業者をえらぶことも大切です。

登録を受けていない企業だと、高額な手数料を請求されることもあるからです。

「給与前払いサービス」とは?

給与前払いサービスとは、企業が福利厚生のひとつとして採用しているサービスのこと。

給料日より前に、一定のお給料を受け取れるラッキーな仕組みのことです。

給与前払いサービスを導入することによって、働いている人のやる気もアップするので離職率が減ったり、求人募集の数が増えたり嬉しいメリットもあります。

一方で給与前払いサービスを導入するためには、それなりの運営コストもかかってくるので人事担当者の方はこうした計算もおこなっておくことがおすすめです。

こうしたお給料が前払いされる仕組みは、日本の企業でも少しずつ増えています。

自社の状況やスタッフの意見を踏まえながら、導入を検討していくことが大切です。

「給料ファクタリング」と「給与前払いサービス」の違い

どちらも給与に関わる言葉ですが、判別しにくい用語のひとつです。

「給料ファクタリング」「給与前払いサービス」の違いを、分かりやすく解説します。

・個人か法人かの違い

給料ファクタリングは個人が、給料日より前に資金を調達するサービスのこと。

申請をおこない資金を受け取るのは、給与をもらっている個人の方です。

一方で給与前払いサービスは、一部の企業がおこなっている福利厚生のひとつ。

スタッフの方が申請すれば、給料日を待たずに働いた分のお給料を受け取れるサービスです。

個人単位でおこなう給料ファクタリング。

法人が導入を決定する給与前払いサービス。

違いをあらためて認識しておきましょう。

まとめ

「給料ファクタリング」「給与前払いサービス」の違いを、まとめてお伝えしました。

どちらも生活にゆとりを与える、お給料の前払いサービスのこと。

給料ファクタリングは給与を業者に債権として買い取ってもらい、給料日前に現金を受け取ること。

給与前払いサービスは、一部の企業がおこなう給与の前払い制です。

違いをあらためて抑えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典