スポンサーリンク

「絶対服従」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絶対服従」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「絶対服従」の意味を分かりやすく説明していきます。

それでは最初に「絶対服従」の意味から取り上げていきましょう。

スポンサーリンク

「絶対服従」とは?意味

最初に「絶対服従」の意味をご説明致します。

「絶対服従」(ぜったいふくじゅう)とは、先ず絶対的な上下関係があるということが前提となります。

分かりやすくいいますと、社長と平社員、先輩後輩などを想像すると非常に分かりやすいでしょう。

そして、その絶対的上下関係から、立場が下の者が上の立場の者に対して、少しでも逆らうことや意見することは決して許されないことを指しております。

「絶対服従」の概要

次は「絶対服従」の概要について解説していきます。

「絶対服従」の概要についてですが、上からの命令には、絶対に意見をしたり歯向かうことも許されずに、命令通りに目的達成のために、従うことを指しております。

もっと分かりやすく、簡単に書きますと、「何がなんでも上の決定には、従うこと」を指しているのが、「絶対服従」という言葉の概要となります。

「絶対服従」の意味の項目でも解説しましたが、絶対的な上下関係が生じてあることが前提ということを押さえておくと非常に分かりやすいでしょう。

「絶対服従」の言葉の使い方や使われ方

この項目においては、「絶対服従」の言葉の使い方や使われ方を取り上げます。

・『ヤクザの世界は親分の命令には、絶対服従が鉄則とされております。下の者が歯向かうならば、絶縁や破門などの厳しい処分が待っているのです』
・『軍隊というところは、上の命令には絶対服従の世界です。逆らうものならば、軍法会議にかけられ、処罰されることがあります』
・『ボディーガードとして雇われました。ボディーガードは雇い主に対して、絶対服従することを誓わなければいけません。そして、何があっても仕事を全うすることがボディーガードの必須条件になります』
・『あの人には昔、世話になりましたので、絶対服従すると心に決めております。それが人間関係というものだと思います』
・『上官の命令には絶対服従し、任務達成のためにベスト尽くすことが軍人の務めだと思っております。絶対服従できない人は、軍人になるべきではないでしょう』

「絶対服従」の類語や言いかえ

最後の項目では、「絶対服従」類語や言いかえを解説します。

「絶対服従」の類語や言いかえとして考えられる言葉としては、「絶対に従う」「従う」「歯向かわない」「絶対逆らわない」「逆らわない」「口答えしない」「意見しない」などが類語や言いかえとして成立するでしょう。

これらの言葉の意味も、「絶対服従」の意味と殆んど同じになります。

まとめ

まとめとして「絶対服従」とは、基本的に上下関係が生じることを前提として理解していきましょう。

その上下関係のもと、上の決定に対して、下の者が少しも反抗したり、意見することが許されないことです。

そして、上に言われた通りに、従って行動することを指した言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典