「絶許」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「絶許」

この「絶許」は、そのような言葉が正式に存在する訳ではなく、いわゆるネットスラングです。

読み方もまちまちで、「ぜつゆる」と読む場合もあれば、「ぜっきょ」と読まれることもあります。

そのように読み方が固定ではない時点で、口語向けではないと分かるように、ネット以外で使われることはまずありません。

「絶許」の意味

絶許は、「絶対に許さない」という意味で使う言葉です。

その意味を縮めて作ったもので、若者言葉に多い短縮語の1つだと言っていいでしょう。

若者を中心にSNSなどでよく見掛ける表現ですが、比較的簡単に使われていることも多いので、そこまでまともに捉える必要もありません。

むしろ、そこまで大したことでもないのに使われることの方が多いかも知れません。

「絶許」の英語と解釈

絶許を英語で表現すると、“do not forgive”となります。

この意味は「許さない」「承知できない」で、もっと強く表現したければ“never forgive”となり、「絶許」の本来の意味にはこちらの方が近いと言えるでしょう。

ですが、前述の説明のように、「絶許」は大したことではなくても使われる言葉なので、“never forgive”はいかにも言い過ぎです。

そのような実際の使い方から考えると。

“do not forgive”の方がいいでしょう。

「絶許」の言葉の使い方

既に書きましたが、絶許はその意味の「絶対に許さない」と解釈する言葉の割には、比較的簡単に使われることも多いです。

その為、少し怒ったという程度で使っても構わない言葉です。

この言葉を見掛けた方も、本当にそこまで思って使っているとは考えないことがほとんどなので、特に身構えることなく使うことができます。

「絶許」を使った例文・解釈

絶許を使った例文です。

根本的に、このような主に若者の間でよく使われるスラングで表現される意味は、そこまで本当だと考える必要はありません。

「絶許」の例文1

「おんなことをしたあいつは絶許だ」

絶許は、このような形で使われることが多い言葉です。

こう書いた時点ではかなり怒っているのかも知れませんが、「絶許」などと使っている時点で、一時的な感情だと分かりそうなものです。

ちょっとしたことがあった時に、つい瞬間的に使ってしまう場合も多い言葉で、連呼しているような時には特にその傾向が強いと言えるでしょう。

「絶許」の例文2

「絶許なんて書かれたところで、どうせいつものことだから」

最初から大した意味で「絶許」を使っていないと分かって言っています。

本当に許さないという気持ちを出したいのであれば、「絶許」などという表現はなく、そのまま「絶対に許さない」と書かないとほとんどの場合でそうとはとってくれないでしょう。

「絶許」の例文3

「また浮気をされたので、今回はもう絶許」

この例文もまた、一時的な感情から「絶許」と使っているのが分かるようです。

結局のところ、この手の言葉で怒りなどを表現したところで、そこまで本気だとは思ってもらえないということです。

軽く使えるという点ではいいですが、意味も軽いと思われるのは間違いなく、ちょっとしたアクセントくらいに考えてもいいくらいです。

「絶許」の例文4

「絶許ってか、絶交だ」

この「絶交」は、「絶許」とは違って正式に存在する言葉で、「今後、一切の交流を断絶する」という意味で使います。

よって、「絶交」と使えば、「絶許」とはレベルの違う(怒りの)様子を表現できますが、ネットでは比較的軽く使われていることも多いので、前後の文脈次第というところもありますが、こちらもそれほどまともには捉えなくていいかも知れません。

それでもこの「絶交」はその意味から、そう簡単に使うべき言葉ではないので、「絶許」と同じレベルで考えて使わないように注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典