スポンサーリンク

「緑茶」と「抹茶」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「緑茶」と「抹茶」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「緑茶」「抹茶」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「緑茶」とは?

チャノキの葉を蒸して発酵を止め、ほいろの上でもみながら水分を飛ばし、乾燥をさせたものです。

また、それから作った飲料です。

チャノキとは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹です。

生け垣などにも利用されている椿と科・属が同じで、葉や実は似たような形をしています。

チャノキから収穫された葉は、収穫後すぐに発酵がはじまります。

発酵とはいいますが、納豆やヨーグルトなどのような菌による発酵ではなく、酸化酵素による働きです。

酵素は熱によって活性が失われます。

チャノキの葉は、収穫後にすぐに蒸されて、酸化酵素の働きが止められます。

これによって、これ以上発酵をしなくなります。

そのため、「緑茶」は不発酵茶になります。

蒸した後、もみながら熱風を当てて、水分を減らしていきます。

何度も繰り返し熱を加えて水分を減らし、形を整えて乾燥させます。

この状態のものを荒茶といいます。

荒茶は大きさが不揃いで、水分量も多く、このままでは商品として流通させることができません。

そのため、各飲料メーカーなどが、荒茶にさらに手を加えます。

こうして「緑茶」が完成をします。

乾燥した「緑茶」の葉を湯や水に浸すと、水が緑色になります。

飲んでみるとやや苦味があります。

この液体も「緑茶」と呼んでいます。

玉露、煎茶、番茶などさまざまな「緑茶」があり、それらを総称した呼び方です。

「緑茶」の使い方

チャノキの葉から作られた不発酵茶を指して使用する言葉です。

「抹茶」とは?

碾茶を臼でひいて粉にしたもの、またそれを水や湯にといた飲料です。

碾茶とは、チャノキの葉に覆いをして日光を遮って栽培をしたものを、収穫後蒸して発酵をとめ、その後に乾燥させたものです。

蒸した後にもむことはしません。

茎には水分が多く残っています。

そのため、茎部と葉部を分けます。

碾茶はその後、臼でひいて粉にされます。

こうして「抹茶」ができあがります。

1つの石臼で1時間ひいて、できあがる「抹茶」は40~60gほどです。

「抹茶」は覆いをして栽培されるため、テアニンが多く含まれています。

テアニンは日光にあたるとカテキンに変化をします。

「抹茶」の使い方

碾茶を粉にしたもの、またその飲料を指して使用する言葉です。

「緑茶」と「抹茶」の違い

どちらもチャノキから作られているものですが、栽培方法と製造方法に違いがあります。

「抹茶」の場合は覆いをして栽培しますが、「緑茶」はこれをしません。

「緑茶」の中には粉末状のものもありますが、多くは粉状にはなっていません。

「抹茶」は粉末状です。

「緑茶」の例文

・『お菓子を食べながら緑茶を飲む』

・『緑茶を買ってきて』

・『冷たい緑茶を飲みたい』

「抹茶」の例文

・『20gで3000円する抹茶』

・『はじめて抹茶を飲んだ』

・『抹茶味のアイスクリーム』

まとめ

どちらの言葉もチャノキの葉から作られたものを指していますが、チャノキの栽培方法や収穫後の葉の加工方法に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典