「練り歩く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「練り歩く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「練り歩く」という言葉を使った例文や、「練り歩く」の類語を紹介して行きます。

「練り歩く」とは?意味

「練り歩く」には、「列になってゆっくりと歩く」「行列がうねるようにして進む」という意味があります。

「練り歩く」の読み方

「練り歩く」の読み方は、「ねりあるく」になります。

「練り歩く」の表現の使い方

「練り歩く」の表現の使い方を紹介します。

「練り歩く」には、「列になってゆっくりと歩く」「行列がうねるようにして進む」という意味があります。

そこで、列になってゆっくりと歩く様子を見た時に、「練り歩く」という言葉を使ってみましょう。

例えば、サンバカーニバルの映像を見ると、サンバ隊の行列がうねるようにして進む様子を見られます。

あのような大勢のサンバ隊の行列が歩く様子を、「サンバ隊が練り歩く」と、「練り歩く」を使った文章にできます。

「練り歩く」を使った例文や短文など

「練り歩く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「練り歩く」を使った例文1

「敵国の兵隊が、大通りを『練り歩く』」

この例文は、戦争中のある国の一コマになります。

敵に屈してしまった国は、たくさんの敵国の兵隊がなだれこむかもしれません。

そして大通りを、敵国の兵隊が行列になってゆっくりと進む様子を、見ることになるかもしれません。

このように「練り歩く」には、「列になってゆっくりと歩く」という意味があります。

「練り歩く」を使った例文2

「ハロウィーンの時期になると、若者が渋谷の街を『練り歩く』」

この例文はハロウィーンの時期に、たくさんの若者が行列になって、渋谷の街をうねるようにして進むという意味があります。

このように「練り歩く」には、「行列がうねるようにして進む」という意味があります。

たくさんの若者が、楽しそうに行列ンあり、うねるようにして進む姿を見ると、自分も街中を「練り歩きたい」と感じる人もいるかもしれません。

「練り歩く」の類語や類義語・言い換え

「練り歩く」の類語や類似を紹介します。

「行進」【こうしん】

「行進」には、「多くの人が、隊列を組んで進むこと」という意味があります。

「デモ隊が行進する」という言葉には、「デモに加わった多くの人が、隊列を組んで進む」という意味があります。

「入場行進」「行進曲」などという使い方をします。

「列をなす」【れつをなす】

「列をなす」には「列を作ること」「人々が列を作って並んでいる様子」という意味があります。

「デパートの初売りに、列をなす客」「列をなすファン」などという使い方をします。

まとめ

「練り歩く」という言葉について見てきました。

列になってゆっくりと歩く様子を見た時、また行列がうねるようにして進む様子を見た時に、「練り歩く」という言葉を使ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典