「繊細」とは?意味や使い方!例文や解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「繊細」とは?

「繊細」という表現は、「細くて美しいこと・細やかで小さいもの」「ほっそりとした外観で優美なさま」を意味しています。

また「繊細」というのは、「感覚・感情・感性が細やかで感じやすいこと(傷つきやすいこと)」「敏感な感受性を持っていてデリケートなさま」を意味している表現なのです。

「繊細」の読み方

「繊細」の読み方は、「せんさい」になります。

「繊細」の表現の使い方

「繊細」の表現の使い方は、「細くて美しいもの・こと」「ほっそりとしていて美しい姿かたち」を指して使うという使い方になります。

「繊細」という表現は、「感性・感覚・感情がとても細やかで感じやすい(傷つきやすい)」「感受性が敏感でデリケートなさま」という意味でも使うことができます。

例えば、「彼は些細な出来事でも気に病む繊細な神経の持ち主でした」といった文章で使用することができます。

「繊細」を使った言葉と意味を解釈

「繊細」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

「繊細な感受性」【せんさいなかんじゅせい】

「繊細な感受性」という表現は、「とても細やかで敏感な感受性」「非常に感じやすくて(傷つきやすくて)微妙な感受性」のことを意味しています。

例えば、「繊細な感受性を持つ人は、外部環境の変化に適応しづらいのです」といった文章で使われます。

「繊細な模様」【せんさいなもよう】

「繊細な模様」という言葉は、「非常に細かくて優美な模様・絵柄」のことを意味しています。

例えば、「その友禅の着物には、とても繊細な模様が描かれていました」などの文章で使用できます。

「繊細なタッチ」【せんさいなタッチ】

「繊細なタッチ」という表現は、「非常に細やかで正確・丁寧な絵筆の動き(筆の動かし方)」を意味しています。

「彼の描いたイラストであることは、その繊細なタッチを見ただけで明らかでした」といった文章で使えます。

「繊細」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「繊細」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

「繊細」を使った例文1

「彼女はとても繊細な感受性を持っているので、むきだしの悪意・攻撃性をぶつけてくる人間関係のストレスに耐えられなかったのでしょう」 この「繊細」を使った例文は、「彼女はとても敏感で細やかな感受性を持っているので、むきだしの悪意・攻撃性をぶつけてくる人間関係のストレスに耐えられなかったのだろう」ということを意味しています。

「繊細」を使った例文2

「彼はピアニストとして理想的に見える繊細な指を持ち、その指が滑らかに鍵盤を叩く様子は芸術そのものでした」 この「繊細」を使った例文は、「彼はピアニストとして理想的に見える細くて美しい指を持ち、その指が滑らかに鍵盤を叩く様子は芸術そのものだった」ということを意味しています。

「繊細」の反対語

「繊細」の反対語を紹介して、その意味を解説していきます。

「図太い・がさつ」【ずぶとい・がさつ】

「繊細」の反対語として、「図太い・がさつ」があります。

「図太い」というのは、「とても図々しくてちょっとやそっとのことでは動じないこと」を意味しています。

「がさつ」という表現は、「繊細さがなくて荒っぽく雑なこと」を意味しています。

それらの意味から、感受性が細やかで感じやすいを示す「繊細」とは反対の意味を持つ反対語として、「図太い・がさつ」を上げられます。

「粗雑」【そざつ】

「繊細」の反対語として、「粗雑」があります。

「粗雑」という表現は、「大雑把で細やかさがないこと・いい加減で適当なさま」を意味しています。

その意味合いから、感覚・感情が細やかなさまを意味する「繊細」の反対語(対義語)として、「粗雑」を指摘できるのです。

「繊細」の類語や類義語・言い換え

「繊細」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

「微細・華奢」【びさい・きゃしゃ】

「繊細」の類義語・言い換えとして、「微細・華奢」があります。

「繊細」という表現は、「構造が微細で傷つきやすいさま」「造りが華奢でほっそりとしていてたおやかな様子」を意味しています。

それらの意味合いから、「繊細」という表現は「微細・華奢」という類似表現に言い換えることが可能なのです。

「精妙・精巧」【せいみょう・せいこう】

「繊細」の類語・言い換えには、「精妙・精巧」があります。

「精妙」という表現は、「造りがとても細かくて巧みであること・巧みで技術が非常に優れているさま」を意味しています。

「精巧」という表現は、「仕組み・構造がとても細かくて正確に作られているさま」を意味しています。

それらの意味から、非常に細くて小さいさまを意味している「繊細」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「精妙・精巧」という表現を上げられるのです。

「デリケート・敏感」【デリケート・びんかん】

「繊細」の類義語・言い換えには、「デリケート・敏感」があります。

「繊細」という言葉は、「非常に構造が細かくてデリケートなさま」「感情・感覚がとても細やかで敏感であるさま」を意味しています。

それらの意味から、「繊細」と良く似た意味を持つ類義語として、「デリケート・敏感」を指摘できます。

「繊細」の英語と解釈

「繊細」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“delicate, delicacy”(繊細な・細やかな・繊細)

“slender, slenderness”(ほっそりとした・細身の・繊細・細身)

“subtle”(微妙な・巧みな・繊細な)

“She has a very delicate sensibilities to stress.”

「繊細」を使ったこの英語の例文は、「彼女はストレスを感じやすい繊細な感受性(神経)を持っています」ということを意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典