「美意識」と「美学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「美意識」と「美学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「美意識」「美学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「美意識」とは?

「美意識」の意味と使い方について紹介します。

「美意識」の意味

「美意識」「びいしき」と読みます。

意味は「人やものの美しさを感じる心」「人やのの美しさを認識したり作り上げようとする心の動き」です。

「美意識」の使い方

「美意識」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「人やものの美しさを感じる心」という意味で、「美意識が高い人」などと言います。

日常会話でよく使われ、美しいものに対して敏感で、基準が高い人に対して使われます。

2つ目は「人やものの美しさを認識したり、作り上げようとする心の動き」という意味で、「常に美意識を持って創造する」などと言います。

上記に共通するのは「美しいか、そうでないかを判断する」という点です。

「美学」とは?

「美学」の意味と使い方について紹介します。

「美学」の意味

「美学」「びがく」と読みます。

意味は、「美しさの本質や、意識、現象などについて考察する学問のこと」「美しさに対して持っている独特の考え方や趣向」です。

「美学」の使い方

「美学」は、元の意味は「美しさの本質や、基準、何の為にあるのかなどの価値を追求する学問」のことを言いました。

上記から転じて、「美しさとはかくあるべきという独自の考え方や趣向」という意味として使われています。

日常で耳にすることも多く「男の美学」は、「男性とはかくあるのが美しい」という信念を表す言葉です。

元は学問でしたが、最近では「美学」の基準は人それぞれで、自分がこうありたいとする理想の姿やものに対して使われることが多くなっています。

「美意識」と「美学」の違い!

「美意識」「人やものの美しさを感じる心」「人やのの美しさを認識したり作り上げようとする心の動き」です。

「美学」「美しさに対して持っている独特の考え方や趣向」です。

まとめ

今回は「美意識」「美学」の違いをお伝えしました。

「美意識は美しさを感じること」「美学は美しさを考察すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典