スポンサーリンク

「羽毛ふとん」と「羽ふとん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「羽毛ふとん」と「羽ふとん」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「羽毛ふとん」「羽ふとん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「羽毛ふとん」とは?

「羽毛ふとん(うもうふとん)」とは、「詰め物にダウンが50%以上含まれている、軽くて保温性の高いふとん」のことです。

「羽毛ふとん」に使われているダウンというのは、「水鳥の胸元に生えている柔らかい毛」です。

「ダウン」「寒い時には広がって空気を含み、暑い時は縮まって空気を流す性質」があるため、「羽毛ふとん」は温度も湿度も調整できます。

「羽ふとん」とは?

「羽ふとん(はねふとん)」とは、「詰め物にフェザーが50%以上含まれている、通気性・保温性の高いふとん」のことです。

「羽ふとん」に使われているフェザーというのは、「真ん中に硬い羽軸がある水鳥の羽」です。

フェザーはさらに「水鳥の翼部分に生えている大きめの羽根のフェザー」「水鳥の腹部分に生えている小さめの羽根のスモールフェザー」に分けられます。

「羽毛ふとん」と「羽ふとん」の違い!

「羽毛ふとん」「羽ふとん」の違いを、分かりやすく解説します。

「羽毛ふとん」「羽ふとん」はどちらも「保温性に優れた軽いふとん」ですが、それぞれに詰め物として入っている羽根の種類と性質が違っています。

「羽毛ふとん」には「詰め物の50%以上のダウン」が使われていて、「羽ふとん」には「詰め物の50%以上のフェザー・スモールフェザー」が使われている違いがあります。

「羽毛ふとん」「羽ふとん」よりも「軽量で保温性が高い特徴」があります。

反対に、「羽ふとん」「羽毛ふとん」よりも「通気性が良くて弾力性が高い特徴」を持っています。

まとめ

「羽毛ふとん」「羽ふとん」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「羽毛ふとん」とは「水鳥の胸元に生えている毛であるダウンを50%以上使用している保温性の高いふとん」を意味していて、「羽ふとん」「真ん中に硬い羽軸がある水鳥の羽であるフェザーを50%以上使用している、羽毛ふとんよりは保温性が劣るふとん」を意味している違いがあります。

「羽毛ふとん」「羽ふとん」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典