「翌週」と「来週」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「翌週」と「来週」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「翌週」「来週」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「翌週」とは?

「翌週(よくしゅう)」とは、「話題になっている週の次の週」「言及している週の次の週」を意味している言葉です。

「翌週」という言葉は、「過去・未来のある時点を基準とした場合の次の週」を意味しています。

例えば、「仕事を辞めた日の翌週には転職活動を始めていました」「離婚した翌週に家から出ました」といった例文で使うことができます。

「来週」とは?

「来週(らいしゅう)」とは、「今週の次の週」「現在の週(日にち)の次の週」を意味している言葉です。

「来週」という表現は、「現在の週(日にち)の時点を基準とした場合の次の週」を意味しています。

例えば、「来週に胃カメラの検査を受けます」「来週にはアメリカに渡る予定です」などの文章で使用することができます。

「翌週」と「来週」の違い!

「翌週」「来週」の違いを、分かりやすく解説します。

「翌週」「来週」はどちらも「その次の週」を意味している言葉ですが、「次の週に言及する時に基準としている週」が違っています。

「翌週」という表現は「現在の週(日にち)の時点」を基準にしているのではなく、「話題にしたり言及したりしている週(日にち)の時点=過去・未来のある時点」を基準にしています。

「翌週」に対して「来週」のほうは、「現在の週(日にち)の時点」を基準にしているという違いを指摘できます。

例えば、「その翌週に祖父が死去しました」の文章は「過去のある週の次の週」に祖父が亡くなったことを意味しているので、「その来週に祖父が死去しました=現在の週の次の週に祖父が死去しました」と言い換えると、「祖父の死の予言」というおかしな意味になってしまうのです。

まとめ

「翌週」「来週」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「翌週」とは「過去あるいは未来のある週の次の週(話題にしている週から見た次の週)」を意味していて、「来週」「今週の次の週(現時点から見た次の週)」を意味している違いがあります。

「翌週」「来週」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典