スポンサーリンク

「習熟を図る」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「習熟を図る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

習熟を図るとは、しゅうじゅくをはかるという読み方であり、意味としては上手になろうと努力を重ねていたり、熟達する事を目指して努力している様を表す言葉です。

スポンサーリンク

「習熟を図る」の解説

まず習熟という言葉は、スポーツや習い事、車の運転といった事に既に手慣れていたり、上手であるという状態を表す言葉となっています。

一方の後ろに付いている、図るという言葉の方は、何かこなすために工夫して努力をしたり、上手に処理しようとする際の意図を示す言葉です。

なのでその2つの言葉が組み合わさる事により、習熟を図るとは、何かを上達しようと努力したり、上手く使いこなす事を目指して工夫する、といった意味合いを持つ言葉となっています。

「習熟を図る」の使われ方

習熟を図るという言葉の使い方は、スポーツや格闘技、或いは仕事や学習等、幅広い物事や分野に対して用いる事が可能な言葉です。

ただしそういった物事に挑戦しつつ、既に上手く行ったという結果に対して、用いる言葉ではない点には注意しておく必要があります。

この言葉はあくまで、挑戦したり努力している最中だったり、過程に対して使用する言葉となっている点は忘れずに留意しておくべきです。

あくまで上達を目指していたり、上手く出来る様に意図して工夫している最中といった具合に、挑戦中の状態に対して使用される言葉に過ぎず、実際に望む通りの結果が得られるかどうかは、この言葉を用いている時点ではまだ不明となっています。

なので特に注意すべき点としては、挑戦し上手くいったといった様な形で既に結果が出てしまった事柄に対しては使用する事は出来ません。

あくまで上達や熟達という結果を望んでそうなる様に、意図を働かせて挑戦している様を表す言葉となっている事を覚えておく事が重要です。

「習熟を図る」の例文

・『この本を購入して使用すれば、楽しみながら漢字の習熟を図る事が出来るので非常に便利だよ』
・『彼は柔道を始めたばかりだけど、習熟を図るべく一生懸命努力している姿は素晴らしい』
・『結婚そたばかりでほとんど家事が出来ない彼女だけど、習熟を図るべく必死に努力を続けている姿は非常に健気だ』
・『この英会話教室に通えば、無理なく楽しみながら英会話の習熟を図る事が出来るから文句無しにおすすめだよ』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典