「老成」と「老練」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「老成」と「老練」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「老成」「老練」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「老成」とは?

「老成(ろうせい)」とは、「年齢を重ねて経験を多く積み、考え方(価値観)や生き方(処世)、技術が熟達していること」を意味している言葉です。

例えば、「叔父はすっかり老成していて、多少の事件には驚くことがありませんでした」などの例文で使用することができます。

さらに「老成」の言葉には、「年齢よりも大人びていること・ませて見えること」の意味合いもあります。

「老練」とは?

「老練(ろうれん)」とは、「経験を多く重ねて、その物事に慣れていて巧み(上手)であること」を意味している言葉です。

「老練」という表現は、「実際の年齢とは関係なく、ある物事の経験が多くて慣れていて上手いさま」を意味しているのです。

例えば、「老練な技術によって、歴戦のチャンピオンが挑戦者を押さえ込んでいました」といった文章で使われます。

「老成」と「老練」の違い!

「老成」「老練」の違いを、分かりやすく解説します。

「老成」「老練」はどちらも「多くの経験を積んだことによって物事に慣れて上手なこと」を意味している言葉ですが、「老成」という言葉は「実際に年を取って経験が多い」のニュアンスがあるのに対して、「老練」のほうは「実年齢とは関係なく経験が多い」のニュアンスがある違いを指摘できます。

「老成」というのは「年を取って経験が多くなり、考え方・生き方が熟達していること」を意味していますが、「老練」のほうは「実年齢とは関係なく、その分野・物事の経験が多くて上手なさま」を意味している違いがあるのです。

さらに「老成」には「年齢の割に大人びて見えること・ませて見えること」の意味合いもありますが、「老練」の表現にはその意味がないという違いもあります。

まとめ

「老成」「老練」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「老成」とは「年齢を重ねて経験を積み、熟達していること」「年齢よりも大人びていること」を意味していて、「老練」「たくさんの経験を積んで、ある物事・活動・処世に慣れていて上手なこと」を意味している違いがあります。

「老成」「老練」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典