「考察」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「考察」

ビジネスの世界においては、専門的な言葉が頻繁に出てくるものですが、専門用語でなくても、日常会話の中であまり使うことが少ないような言葉を使うことがあります。

「こうさつ」という読み方をする「考察」も、その言葉の1つではないかと思います。

意識していると、上司や先輩が会話の中で使ったり、資料の中で「考察」という言葉を目にすることもあります。

「考察」の意味

ビジネスの様々な場面で見たり聞いたりすることが多い「考察」とは、「ある仮説を立てて実験をして、その結果の原因を自分で考えて述べること」「文章にすること」と指しています。

ある問題に色々な観点から検証を試みて、その結果が正しい結果なのか、それとも誤った結果なのか、導き出された結果の要因を考えて、論理的に組み立てながら、レポートや論文として文章を起こして行きます。

「考察」の言葉の使い方

「考察」の言葉の使い方を考えてみると、学生が研究レポートや卒業論文を書く時に必要になるのが「考察」の項目です。

専攻する分野によっても、レポートの進め方・書き方が若干の違いはあるものの、論文やレポートの基本的な流れは、「目的」から始まり「方法」「結果」「考察」「結論」という流れが定型的なパターンとなっています。

ビジネスで行われるプレゼンの場面では、ステップを短縮して、「目的」「結果」「考察」「結論」という展開で資料を作成することが多いですが、理系の学生であれば、様々な実験を行いレポートで「考察」を述べるのは、ごく自然なこととして「考察」「結論」を文章化することが慣れているものです。

ここで、しっかりとして誰でも理解できるようなレポートやプレゼンをまとめるには、「結果」「考察」「結論」の意味をしっかり理解しておく必要があります。

「結果」「実験や調査で道び出されたもの」で結果の事実を数値や図表でビジュアル的にまとめていきます。

「考察」では、「こうであると考えられる」ということを「自分の考えや意見」で論議するのように記述していきます。

そして、「結論」では「結果や考察から自分で考えた結論」として進めていくことになりますので、「考察」単独ではなく、「結果」「結論」とセットで理解しておくことが大切です。

「考察」を使った例文・短文(解釈)

では、ここから「考察」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「考察」の例文1

「できるだけサンプルを多く用意できたなら、様々な分野での事象が研究考察の対象になると思われます」

サンプル収集は、色々な研究で考察をするために非常に貴重な情報源となっていきます。

実験サンプルもその1つですが、物事の結果を数多く作り出していくことで、考察がしやすくなってきますし、特定分野に限定されず、幅広い分野での研究が対象になっていく可能性が広がってきます。

「考察」の例文2

「君の研究レポートは、しっかりとした考察をもとに論じられているので、長い時間、研究したり、実験したことがよく理解できるね」

研究レポートで誰もが理解できる、納得できる結論を導き出すためには、できるだけ数多くの実験や研究を行う必要があります。

1つの実験結果だけでは、「考察」「結論」の信ぴょう性は決して高くはありません。

医療分野でも、できるだけ多くの臨床試験をして、「考察」しやすいサンプルを作り出すことは珍しいことではありません。

「考察」の例文3

「観察して不明な項目や理解できないことを挙げて、その疑問を解決するために調査して結果の考察をするという形が私の論文作成の手順です」

当たり前と言ってしまえばそれまでのことですが、理解できない不明な事象の原因を明確にするためには、調査・研究して、その結果をあらためて「考察」するという方法が常套手段でもあります。

このような例文のことを言っている人は、研究者・技術者としては、ごく普通のアプローチ法を述べていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典