スポンサーリンク

「職人」と「現場作業員」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「職人」と「現場作業員」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「職人」「現場作業員」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「職人」とは?

最初に「職人」(しょくにん)という言葉の意味をご説明致します。

「職人」とは、自分の手で物を作って生計を立てている人という意味になります。

「職人」の代表的な例として有名どころなのが、大工さんや寿司職人等です。

意味をしっかりと覚えておくと、スムーズに使えることでしょう。

「現場作業員」とは?

次は「現場作業員」(げんばさぎょういん)とは、どのような意味や人を指すのか解説します。

「現場作業員」とは、マンションやホテル等を建てる際に工事しますが、その工事現場で働く人を意味しています。

もっと簡単に言いますと、肉体労働者と考えてもらいますと、納得がいくはずです。

参考になれば幸いです。

「職人」と「現場作業員」の違い

では「職人」「現場作業員」の違いを見ていきます。

「職人」というのは、基本的に自営業者で、自分の腕ひとつで物を作りお客さんを喜ばせ、その報酬で生計を立てている人間です。

一方で「現場作業員」というのは、雇われている身であり、工事現場で体力勝負の肉体労働に精を出している人間の事を意味しております。

以上が「職人」「現場作業員」の違いですので、この違いをよく覚えておいてください。

「職人」と「現場作業員」の使い方の違い

次は「職人」「現場作業員」の使い方の違いについて見てみます。

「職人」というのは自営業者で腕ひとつで生計を立てている人間。

「現場作業員」は、雇われの身で工事現場等で作業して額に汗している人間。

以上の違いから使い方も違ってきます。

前者の場合は、「この建物の構造と頑丈さは、職人技と言ってもいいでしょう」という使い方がしっくりとくるはずです。

後者は、「とりあえず日払いで即金が欲しいので、現場作業員として3日間だけ働くことにした」というのがイメージがついてくるでしょう。

以上が「職人」「現場作業員」の使い方の違いですので、覚えておいてください。

「職人」を使った例文

ここの項目では「職人」を使った例文を書いていきます。

・『イラストレーターも職人である』

・『職人さんは意外にお茶目な人が多いようです』

・『寿司職人として30年のキャリアがある』

・『職人は気難しい人が多いが、腕が良いことも多い』

・『職人技といってもいいだろう』

以上が「職人」という言葉を使った例文になります。

参考になれば幸いです。

「現場作業員」を使った例文

次は「現場作業員」を使った例文を書きます。

・『現場作業員は体力がないとキツイ仕事だ』

・『現場作業員とダンプ運転手が連携しているようだ』

・『高い日当が欲しいのなら、現場作業員として働くといい』

・『西成地区の現場作業員は、業者によって待遇が全然違うらしい』

・『現場作業員は雨天の場合は、休みになる』

以上が「現場作業員」を用いた例文です。

是非とも把握しておいてください。

まとめ

まとめとしては、「職人」は、自営業で自分の腕ひとつで物などを作り、お客さんに納得してもらいお金貰って生計を立てている人間です。

「現場作業員」は雇われの身で、工事現場等で肉体労働に精を出している人間の事を指します。

因みに、現場作業員は高日当で日払い可能という待遇が多いので、即金が欲しい人には人気があるようです。

参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典