スポンサーリンク

「育ちがいい」と「品がいい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「育ちがいい」と「品がいい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「育ちがいい」「品がいい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「育ちがいい」とは?

「育ちがいい」とは、「生まれ育った環境・親のしつけが良いこと」「お嬢様・お坊ちゃんのような環境で丁寧に育てられて礼儀正しいこと」を意味している言葉です。

「育ちがいい」の表現には、「成育環境や親のしつけが良かった結果として、態度・対応・所作が適切である(洗練されている)」といった意味のニュアンスもあります。

「品がいい」とは?

「品がいい」とは、「所作・対応が上品であるさま」「落ち着いていて態度・振る舞いが洗練されているさま」を意味している表現です。

「品がいい」の言葉は、「その場面において適切な態度・対応を取ることができ、落ち着いていて礼儀正しい」といった意味のニュアンスも持っています。

「育ちがいい」と「品がいい」の違い!

「育ちがいい」「品がいい」の違いを、分かりやすく解説します。

「育ちがいい」「品がいい」はどちらも「態度・振る舞い・礼儀が洗練されていて良いこと」を意味している言葉ですが、「育ちがいい」「生まれ育った環境や親の教育が良かった結果として態度・所作が優れていること」に意味の重点があります。

「育ちがいい」に対して「品がいい」のほうは、「成育環境・親の影響とは関係なく、落ち着いていて礼儀正しいさま、所作や態度が洗練されているさま」を意味している違いがあります。

まとめ

「育ちがいい」「品がいい」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「育ちがいい」とは「生まれ育った環境や親のしつけが良いこと・その良さが態度や所作に現れていること」を意味していて、「品がいい」「落ち着いていて上品なさま・礼儀正しくて気品があること」を意味している違いがあります。

「育ちがいい」「品がいい」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典