「背徳感」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「背徳感」とは?

みなさんは「背徳感」という言葉を知っているでしょうか。

そのような感情を最近持ったという人もいるかもしれません。

この言葉は恋愛に関する状況で使う事が多い言葉です。

恋愛体験を数多くしている人ほど、「背徳感」という言葉の意味を知っているでしょう。

一方で「背徳感」という言葉を、今回初めて目にした人もいるはずです。

そこで、これから恋愛をしたい人なら知っておきたい言葉、「背徳感」の意味や使い方を紹介します。

「背徳感」の意味

「背徳感」という言葉には、「本来あるべき人の道から外れてしまった、後ろめたい感じ」という意味があります。

道徳的にしてはいけないとされている事をしてしまった時に、人は「背徳感」を持つ事になります。

さらに、してはいけない行動をした事に対する、昂揚感のようなものも、「背徳感」という言葉には含まれています。

「してはいけない事をする自分に対して、興奮するような気持ち」「背徳感」には隠されています。

「背徳感」の言葉の使い方

「背徳感」には「本来あるべき人の道を背いてしまった後ろめたい感覚」と、「興奮する気持ち」が合わさったような複雑な感情を言葉にしたものです。

このような気持ちになった時に、「背徳感」という言葉を使ってみましょう。

「背徳感」という言葉は、恋愛のシーンで使われる事が多くなっています。

例えば「不倫」は、道徳的にはしてはいけない事になっている事を、後ろめたく、同時に興奮しながら行っています。

「背徳感」を構成する要素が「不倫」には、すべて含まれている事になります。

このように年齢が離れすぎた恋愛や、関係を持ってはいけない相手との恋などには、「背徳感」が付きまといます。

このような恋愛をした時、誰かがしているのを見た時に「背徳感」という言葉を使ってみましょう。

「背徳感」を使った例文

「背徳感」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「背徳感」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「背徳感」の例文1

「結婚している女性を好きになり、本当の意味で『背徳感』を味わう事になった」

この例文に登場する男性は、既婚者と不倫関係になっています。

不倫は「背徳感」を味わいやすい行為ですから、この例文は「背徳感」とは何かを説明する典型的な文章だと言えるでしょう。

「背徳感」の例文2

「友達の彼と隠れて恋愛してから、ずっと『背徳感』を覚えている」

この例文に登場する女性は、「してはいけない相手との恋愛」をしているため、後ろめたい思いを持ちながら、興奮するという「背徳感」そのものの感情を味わっています。

最終的に悲劇的な結末が待っていそうな事も、この女性を興奮させているでしょう。

ただし、友達に知られた時には、「背徳感」から「罪悪感」に変わるかもしれません。

「背徳感」は一般常識がある人が持つ感情

「不倫」「道ならぬ恋」は、「背徳感」を抱きやすい感情です。

しかし、不倫をした人なら誰でも「背徳感」を持つかといえば、そうではありません。

「背徳感」を持つためには、不倫が道ならぬ恋だという事を理解している必要があります。

一般的に考えてしてはいけない行為をしているという自覚がなければ、「背徳感」を持つ事はありません。

そのため、「背徳感」を持ちやすい人は、「一般常識がある人」と言えます。

常識も何も関係ない、変わっている男女は、不倫をしても道ならぬ恋をしても、「背徳感」を抱く事はないでしょう。

その意味では、小さな子供が「背徳感」を持つ事もありません。

たくさんの人と触れて育ち、してはいけない事を知り、自分の行動が他人にどのような影響を与えるかを知った大人が「背徳感」を持ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典