スポンサーリンク

「脅威を感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「脅威を感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「脅威を感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「脅威を感じる」とは?意味

「脅威を感じる」とは、人や物事から、恐怖を与えられ怖いと感じることを言います。

例えば、「自分が危害を加えられるのではないか」「損害を与えられるのではないか」「恐ろしい状況に陥るのではないか」このようなことが思い浮かぶことです。

ただし「脅威の新人」などと言いますように、相手の存在そのものが自分の立場を悪い方向へ変えてしまう、下に落とされてしまうといった時にも使います。

「脅威を感じる」の概要

「脅威を感じる」「脅威」とは、脅かす、脅されるといった意味になります。

つまり、相手側の言動、物事の状況を見て自分が怖いと思う時に「脅威を感じる」と表現するのです。

相手から直接的な言動によって脅かされたわけではないということを覚えておきましょう。

また、核兵器、自然破壊、環境汚染など、世の中の状態、起こっている物事に対して、このままでは大変なことになると想像したり、心配することも「脅威を感じる」という言葉で言い表すことができます。

「脅威を感じる」の言葉の使い方や使われ方

「脅威を感じる」とは、自分が人や物事の状況、状態を見て脅かされるような気持ちになった時に使います。

直接的に恐怖を与えるような言動をとられた、というわけではありません。

例えば、相手の才能、実力を見てしまった場合です。

特に相手に何も言われなくても、このままでは自分は勝てない、負けると思った時に相手の存在が怖くなることがあります。

このような感情が「脅威を感じる」ということになるのです。

また物事、状況などを見ていてこの先、自分にとって不利になる、悪いことが起こると想像ができてしまう時があります。

これも「脅威を感じる」と言います。

例えば、ライバル会社の売上がどんどん上がっている、この事実だけで怖くなることがあります。

自分の会社の売上が落ちているわけでも、相手の会社から何かされているわけでもありません。

しかし、この先、自分の会社はなくなってしまうのではないかと心配になってしまいます。

このような不安な気持ちを相手から感じさせられることも「脅威を感じる」と使うのです。

今すぐにどうかなるということではなく、先々の不安、心配などを考えさせられてしまうといった時に使う言葉と覚えておきますとわかりやすいでしょう。

「脅威を感じる」を使った例文

・『A高校の練習風景をちらっと見ただけだが、監督は脅威を感じると言っていた』
・『あの会社の勢いには、正直なところ脅威を感じるが、うちだって安定しているから大丈夫だ』
・『後輩の急成長にレギュラーを取られるのではないかと、脅威を感じるようになった』
・『あの状況を見て君は何とも思わなかったかもしれないが、僕は非常に脅威を感じるよ』
・『この辺りも昔に比べて山がどんどんなくなって、自然破壊の脅威を感じる』

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「脅威を感じる」について、詳しく解説しました。

自分の気持ち、見たままで感じること、物事の状況など、恐ろしい、不安だと感じる時に使う言葉です。

会話、文章とどちらもよく使われる言葉ですので、意味をしっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典