スポンサーリンク

「脳内リフレイン」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「脳内リフレイン」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「脳内リフレイン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「脳内リフレイン」とは?意味

音楽の特定のフレーズやメロディーが頭の中で繰り返しリピートされることを指す言葉で、脳内で行われていることを指すため、実際に口ずさむわけでは有りません。

なお、日本のバンド名としても存在しています。

音楽が頭にこびりついて離れないという現象を指すイヤーワーム、ディラン効果もほぼ同じ意味の言葉と言えます。

「脳内リフレイン」の概要

イヤーワームという言葉としてはかなり研究データが紹介されており、この現象は憂うつな気分を防ぎ、気分転換のために起こるもの、テンポの速い曲の方が繰り返しやすい、ウォーキングやランニングなど周期的な運動で発生しやすいという研究結果もあります。

基本的にはよく聞いたことがある音楽、ある程度好きである音楽などが脳内リフレインとして起きるもので、一度しか聞いたことがない曲で発生することはかなり稀といえるでしょう。

また、音楽であるというくくりはあるものの、駅の電車が近づいてくる際の警報メロディなどでも複数回聞いていれば脳内リフレインが起きることはあります。

また、短いフレーズ・メロディが繰り返されることもあるため、一曲がそれほど長くないゲームの戦闘シーンの曲、CMソング、クイズ番組のシンキングタイムの音楽なども脳内リフレインしやすくなっています。

言葉としては気になっている曲という意味合いがあるものの、購入しているかいないかの条件などがないため、会話では現象が発生していることや現象についてを越えるような広い範囲では使われないでしょう。

「脳内リフレイン」の言葉の使い方や使われ方

「CMソングが脳内リフレインして離れない」「こんな曲でも脳内リフレインするとは」「一度しか聞いておらずCDにもなっていないので脳内リフレインしたくてもできない」などの使い方が考えられます。

比較的カジュアルな言葉で敬語表現ではありません。

人に伝えたくなる、会話の種にはなる言葉と言えるでしょう。

「脳内リフレイン」の類語や言いかえ

正式な現象としての言葉で耳の虫という意味の直訳のイヤーワーム、ディラン効果という言葉が完全に言い換えとして使えもインターネット検索ではイヤーワームが非常に詳しくなっています。

類語としては「頭の中で鳴り続けている」「頭の中でヘビーローテション」「脳内で響き続けるメロディー」など、頭の中、音楽や音、その音楽や音がかかる頻度という意味合いの言葉が含まれていればある程度伝わる言葉ではあります。

まとめ

脳内リフレインは頭の中で音楽のフレーズやメロディーが繰り返されることで、ディラン効果とも呼ばれます。

この効果を目指した意図なのか、バンド名にも脳内リフレインはなっています。

曲を聞いた回数やテンポなどの相関関係が有り、よほどインパクトが有る曲でない限り一度聞いただけで脳内リフレインが起こることはないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典