スポンサーリンク

「腐心」と「苦心」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腐心」と「苦心」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「腐心」「苦心」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「腐心」とは?

「腐心」とは、「物事を進めたり成し遂げたりするために、思い悩んで苦労すること」という意味です。

「腐」という漢字には、心を悩ますという意味があります。

解決するのが困難な問題に対し、あれこれ思い巡らせて心を傷めている場合に用いる言葉です。

「苦心」とは?

「苦心」とは、「物事を進めたり成し遂げたりするために、あれこれと考えて苦労すること」という意味です。

この場合「苦」という漢字には「辛く苦しい思いをする」という意味が込められています。

「腐心」と「苦心」の違い

「腐心」「苦心」の違いを、分かりやすく解説します。

「腐心」「苦心」も意味はほとんど同じで、「物事を進めるために思い悩み、苦労している」という場合に使います。

しかし「腐心」の方が、思い悩んでいる度合いが強い場合に用いることが多いようです。

単に「苦しい心」と書くよりも、苦しみすぎて「腐ってしまった心」と書いた方が、より苦しみが強調される形になります。

まとめ

「腐心」「苦心」もほとんど同じ意味です。

「物事を成し遂げるために、思い悩んで苦労する」という場合に用いる言葉です。

しかし、より解決するのが難しく、強く思い悩んでいる場合、「苦心」よりも「腐心」を使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典