スポンサーリンク

「腰掛ける」と「座る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腰掛ける」と「座る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「腰掛ける」「座る」はよく聞く言葉ですが、その違いをあまり分かってない人は多いです。

その違いについて説明します。

スポンサーリンク

「腰掛ける」とは?

「腰掛ける」と聞くと多くの人は「座る」と同じ意味と考えがちです。

ですが、実際はそのような事はなく「腰掛ける」というのは単に「座る」だけではなく、足を下におろして「座る」スタイルを指します。

なので、「腰掛ける」という言葉を使う時どこかを歩ている時にちょっと座れるような場所があって少しそこに「座る」ような状況の時に使います。

つまり、「腰掛ける」というのは疲れたからちょっと休むというニュアンスがある言葉という言葉です。

「座る」とは?

「座る」というのはその通りの意味でどこかに座る事を指します。

なので「座る」というのはどこであろうが座れる場所に座る事です。

その場所は椅子だろうが、ちょっと腰を掛ける事ができれば「座る」という事になります。

それは椅子だろうが何もない地べただろうが関係ないです。

座れる場所に座る行為が座るというものです。

「腰掛ける」と「座る」の違い

「腰掛ける」「座る」の違いは「腰掛ける」の場合はどういう状況で座るか限定されているのに対して「座る」の場合はどんな状況でも座っている状態が「座る」という事になるという違いがあります。

「腰掛ける」というのは「腰掛ける」という状況になっていないと「腰掛ける」とはならないです。

そのような違いがあるのが「腰掛ける」「座る」の違いになります。

まとめ

「腰掛ける」「座る」「座る」という意味では同じなのでつい同じ意味だと思ってしまいがちですが、「腰掛ける」の場合は腰を掛ける場所があって足を下におろしている状況があって初めて「腰掛ける」という状態になります。

それに対して「座る」はどこでも「座る」ことができれば「座る」となるので場所や状況の制約は一切ないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典